1. HOME
  2. »
  3. ソフトウェア
  4. »
  5. テキストエディタ
  6. »
  7. Vim
  8. »
  9. Vimの置換コマンドを使いこなそう!

Vimの置換コマンドを使いこなそう!

Vimの置換コマンドは、複雑な文字列を置く変えることもでき、とても便利です。
しかし、複雑になればなるほど、そのコマンドはむずかしくなります。

今回は、Vimの置換コマンドの使い方を、基本から、正規表現を使ったものまで、順番に紹介します。

目次
  1. 全体を置換するコマンド
  2. 置換コマンド一覧
  3. ワードをひとつずつ確認しながら置換する
  4. 置換コマンドを使って、HTMLタグを削除する
  5. 「〜〜」を『〜〜』に置換する(置換したい文字の一部を使って置換)
  6. まとめ

全体を置換するコマンド

たとえば、つぎのような文章があったとします。

米国でも米が作られています。
また、米印は米語でasteriskと言います。
米はとてもおいしいです。

この文章の、「米」を「パン」に置換してみます。
テキスト全体を置換するコマンドは次のようになります。

:%s/米/パン/g

すると、次のように置換されます。

パン国でもパンが作られています。
また、パン印はパン語でasteriskと言います。
パンはとてもおいしいです。

なんだか、よく分からない文章になってしまいました。

では、次でもっと詳しい置換コマンドを使い方を見ていきましょう。

置換コマンド一覧

ここで、置換コマンドの一覧をかんたんな表にまとめました。

コマンド説明
:s/米/パン/カーソル行の、最初の「米」を「パン」に置換
:s/米/パン/gカーソル行の、すべての「米」を「パン」に置換
:%s/米/パン/すべての行の、最初の「米」を「パン」に置換
:%s/米/パン/gすべての「米」を「パン」に置換
:%s/米/パン/gcすべての「米」を「パン」に、ひとつずつ確認しながら置換

最初に:sを入力するとカーソル行、:%sとするとすべての行(ファイル全体)の置換になります。
さらに、最後にgを入れることで、その行、または複数行の、すべての文字の置換になります。

さきのどのように「米」という文字が複数あって、そのなかのいくつかを置換したい場合などは、表の最後の、ひとつずつ確認しながら置換、を使えばうまくいきそうです。

ここからは、その方法も含めて、さまざまな置換の方法を紹介します。

ワードをひとつずつ確認しながら置換する

下のように、cをつけることで、ひとつずつ確認しながら置換していくことができます。

:%s/米/パン/gc

このコマンドを実行すると、下のように、nでスキップ、yで置換、というふうに、ひとつずつ置換できます。

置換コマンドを使って、HTMLタグを削除する

たとえば、つぎのようなHTMLファイルがあったとします。

<p>米国でも米が作られています。</p>
<p>また、米印は米語で<span class="bold">asterisk</span>と言います。</p>
<p>米はとてもおいしいです。</p>

しかし、このタグをすべて削除したいとします。
そんなときは、正規表現を使うと、すべてのHTMLタグを削除することができます。

:%s/<.\{-}>//g
米国でも米が作られています。
また、米印は米語でasteriskと言います。
米はとてもおいしいです。

ただ、上記の置換コマンドは、HTMLタグの途中でPHPが使われていたりすると、うまく使えないのでご注意ください。

「〜〜」を『〜〜』に置換する(置換したい文字の一部を使って置換)

たとえば、つぎのようなテキストがあったとします。

「米国」でも「米」が作られています。
また、「米印」は「米語」で「asterisk」と言います。
「米」はとてもおいしいです。

これらの「〜〜」を、すべて『〜〜』に置き換えたいとします。
そんなときは、下のような置換コマンドを使います。

:%s/「\(.\{-}\)」/『\1』/g

これで、括弧を置き換えることができました。

『米国』でも『米』が作られています。
また、『米印』は『米語』で『asterisk』と言います。
『米』はとてもおいしいです。

まとめ

今回は、Vimを使った置換の方法を紹介しました。

基本的には:%s/〜〜/〜〜/gファイル全体のすべてのワードを置換することが多いと思います。
また、:%s/〜〜/〜〜/gcというふうに、cを使うことで、ひとつずつ確認しながら置換ができるので便利です。

さらに、正規表現も使えるので、複雑な文字の置換も行なうことができます。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

Vimを始めたら最初に覚えておきたいコマンド一覧

作業をしようと思ってから、実際にするまで3時間かかります。@It_is_Rです。 今回は、初心者卒業向けとして、Vimを使う上で最初に覚えておきたいコマンドをまとめました。 カー

Macに最新版のVimをインストールする方法

こんにちは。@It_is_Rです。 Vimは、プログラミングに使える、高機能なテキストエディタです。 使い方が普通のテキストエディタとは異なるので、最初はとっつきにくい所がありますが、慣

Windowsでパーティション管理。MiniTool Partition Wizardの使い方

パーティションは、複数作成することで、マシンやOSごとに領域を使い分けることができ便利なのですが、パーティションを管理するのは、すこし大変な面もあります。 パーティションを作成したいとき、削除

Vimのインストールと、環境変数にPathを設定する方法【Windows】

Vimは、多くの方が使っているものとはちょっと違った、高機能なテキストエディタです。 一見とても使いづらいように思えますが、これに慣れてしまうと他のテキストエディタを使えなくなってしまうほど、Vim

【Vim使い方】行番号を表示&非表示にする方法。

もしも魔法が使えたら猫になります。@It_is_Rです。 Vimの使い方、第7回目です。 今回はVimの画面に行番号を表示&非表示にする方法を紹介したいと思います。 前回の記事はこちらにな

テキストエディタ(Visual Studio Code)をインストールしてみよう! 小学生からのプログラミング入門

さて、今日も楽しく、プログラミングを学んでいきましょう!今回は、プログラミングをはじめるために必要《ひつよう》な、「テキストエディタ」というソフトをインストールしてみます。 おうちのパ

rufus

Rufusの使い方。ブータブルUSBを簡単に作成可能!

起動にとても時間がかかる@It_is_Rです。 Rufusは、起動可能なUSBドライブを作成するのに、とても便利なソフトです。今回はRufusの使い方ということで、CentOSのインストールU

DeepL翻訳を使ってみよう!Chrome拡張機能もあり!

英語などの外国語を日本語に翻訳したり、逆に日本語を外国語に翻訳したりするときに便利な翻訳ソフトですが、中でもDeepL翻訳は、自然で高精度な翻訳が可能です。 今回はDeepL翻訳について紹介し

UTMでM1 MacにWindows11の仮想環境を構築する方法

みなさんこんにちわ。@It_is_Rです。 UTMはM1 Macでも使える仮想化ソフトです。今回はUTMを使って、M1 MacにWindows11の仮想環境を構築していきたいと思います。

Visual Studio Codeを日本語化してみよう! 小学生からのプログラミング入門

今日も楽しく、プログラミングを学んでいきましょう! プログラミングは、コンピュータに対して文字でお願《ねが》いすることですので、なにかテキストエディタを使う必要《ひつよう》があります。そして、

コメントを残す(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。