1. HOME
  2. »
  3. ソフトウェア
  4. »
  5. テキストエディタ
  6. »
  7. Vim
  8. »
  9. Vimの自動補完プラグイン「ddc.vim」の使い方

Vimの自動補完プラグイン「ddc.vim」の使い方

ddc.vimは、Vimで自動補完を行うことができる、とても優れたプラグインです。
今回は、ddc.vimの使い方を紹介します。

目次
  1. ddc.vimについて
  2. ddc.vimを動かすために必要なツール
  3. ddc.vimのインストール
  4. sourceについて(ddc-around)
  5. filterについて(ddc-matcher_head)
  6. まとめ

ddc.vimについて

ddc.vimは、Shougoさんが開発している、Vimの自動補完プラグインです。

GitHub: Shougo/ddc.vim

このプラグインの大きな特徴は、小さなパーツを組み立てていく形で、自分が欲しい機能だけを持った自動補完機能を作っていくことができる、というところだと思います。

たとえば、「ddc-around」というsourceと「ddc-matcher_head」というfilterを組み合わせることで、カーソルの近くにあるワードを入力候補として表示してくれます。

ddc.vimを動かすために必要なツール

ddc.vimを動かすには、denops.vimというツールが必要になります。
さらに、denops.vimを使うには、Denoというランタイムが必要になります。

denops.vimはこのあとvim-plugを使って管理するとして、まずはDenoをインストールしてみましょう。

インストール方法は、以下のサイトにコマンドが書かれていますので、自分の環境に合わせたものを実行してください。

Deno : https://deno.land/

ddc.vimのインストール

では、ddc.vimをインストールしていきましょう。
今回、インストールにはvim-plugを使います。

ddc.vimと、これを動かすために必要なdenops.vimをインストールします。

call plug#begin()
	Plug 'Shougo/ddc.vim'
	Plug 'vim-denops/denops.vim'
call plug#end()

さらに、以下のコマンドを実行します。

:source $MYVIMRC
:PlugInstall

これでddc.vimのインストールが完了しました。

しかし、ddc.vimは、それ単体では動作しません。
sourceとfilterというものがあり、これらを入れてはじめて、ddc.vimが動作するのです。

sourceについて(ddc-around)

ddc.vimはsourceやfilterを使うことで、動かすことができます。
ここではまず、sourceを使って、実際にddc.vimを動かしてみます。

さまざまなsourceがありますが、今回は「ddc-around」というsourceを使ってみます。

ddc-aroundは、カーソル付近のワードを取得してくれるものです。
つまり、そのカーソル付近のワードが、候補としてカーソルの下に表示されるようになります。

call plug#begin()
	Plug 'Shougo/ddc.vim'
	Plug 'vim-denops/denops.vim'
	Plug 'Shougo/ddc-around'
call plug#end()

さらに、以下のコマンドを実行します。

:source $MYVIMRC
:PlugInstall

これでddc-aroundをインストールすることができました。

さらに、設定をしていきましょう。

call plug#begin()
	Plug 'Shougo/ddc.vim'
	Plug 'vim-denops/denops.vim'
	Plug 'Shougo/ddc-around'
call plug#end()

" 使いたいsourceを指定する
call ddc#custom#patch_global('sources', ['around'])

" ddc.vimの機能を有効にする
call ddc#enable()

これで、2文字入力すると、入力候補の一覧が表示されるようになります。

しかし、このままでは入力した文字には対応しておらず、関係のないワードばかりが並びます。

そこで、filterの出番です。
「ddc-matcher_head」というフィルターを使うことで、ワードの候補を入力中のものに制限することができます。

filterについて(ddc-matcher_head)

つづいてfilterを使ってみましょう。

ここでは「ddc-matcher_head」というフィルターを使ってみます。
「ddc-matcher_head」は、ワードの候補を入力中のものに絞ってくれるものです。

call plug#begin()
	Plug 'Shougo/ddc.vim'
	Plug 'vim-denops/denops.vim'
	Plug 'Shougo/ddc-around'
	Plug 'Shougo/ddc-matcher_head'
call plug#end()

さらに、以下のコマンドを実行します。

:source $MYVIMRC
:PlugInstall

つづいて、設定をしていきましょう。

call plug#begin()
    Plug 'Shougo/ddc.vim'
    Plug 'vim-denops/denops.vim'
    Plug 'Shougo/ddc-around'
    Plug 'Shougo/ddc-matcher_head'
call plug#end()

" 使いたいsourceを指定する
call ddc#custom#patch_global('sources', ['around'])

" sourceOptionsのmatchersにfilter指定することで、候補の一覧を制御できる
call ddc#custom#patch_global('sourceOptions', {
    \ '_': {
    \     'matchers': ['matcher_head'],
    \ }})

" ddc.vimの機能を有効にする
call ddc#enable()

これで、表示される候補が、入力した文字から始まるものだけになりました。

まとめ

ddc.vimは、Shougoさんによる開発の、Vimの自動補完プラグインです。

小さなパーツを組み合わせて欲しい機能だけを組み込んでいく、という作りなので、他のプラグインとの衝突をうまく回避できるようになっています。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

テキストエディタ(Visual Studio Code)をインストールしてみよう! 小学生からのプログラミング入門

さて、今日も楽しく、プログラミングを学んでいきましょう!今回は、プログラミングをはじめるために必要《ひつよう》な、「テキストエディタ」というソフトをインストールしてみます。 おうちのパ

【Vim使い方】初心者でもすぐに始められるVimの基本

前回に引き続き、Vimの使い方について解説していきたいと思います。 今回は、ファイルの作成方法、開き方、保存、そしてモードについてなど、実際にVimを使い始められるところまでしっかりと解説して

Vimのモードについて。それぞれどんなことができるの?

今回も、Vimを学んでいきましょう。 さて、前回も少しだけ出てきましたが、Vimのモードっていったい何なのでしょうか。ここが、普通のテキストエディタと違い、最もとっつきにくい部分かと思います。

【Vim使い方】ソースを色付けしてコードを読みやすくする方法!!

普段から何も考えてない、@It_is_Rです。 Vimの使い方、第8回目です。 今回はVimを使う上で、コードを見やすくするために、ソースを色分けする方法を紹介していきます。 前回の記事

UTMでの仮想環境(Ubuntu)でWebサーバを立ち上げる方法

M1 MacではVirtualBoxがうまく動作せず、UTMを使っているのですが、UTMの情報がまだまだ少ない気がします。 さて、VPSなどで運用するサイトをお持ちの方でしたら、サーバなどの知

Todo PCTransは、Mac上の仮想Windowsにもデータ転送できるのか!?[PR]

PCを買い替えたとき、SSDを交換したいときなどは、データの移行をする必要があります。そんなときは、データの移行がかんたんにできる、パソコン引越しソフトを使うと便利です。 「EaseUS To

「Partition Master」で外部ストレージをフォーマットする方法[PR]

Windowsで、HDDやSSD、USBメモリなどをフォーマットしたいとき、標準で入っている「ディスクの管理」というツールを使ったり、コマンドを使ったり、といった方法が一般的です。 しかし「デ

Data Recovery Wizard

無料データ復元ソフト「Data Recovery Wizard」の機能を徹底検証![PR]

大切なデータを誤って削除してしまった、必要ないと思って削除したファイルが後々必要になった、などといった経験はありませんか? 通常ですと、削除したファイルはゴミ箱に保存されるので、復旧することは容易です

Vimのインストールと、環境変数にPathを設定する方法【Windows】

Vimは、多くの方が使っているものとはちょっと違った、高機能なテキストエディタです。 一見とても使いづらいように思えますが、これに慣れてしまうと他のテキストエディタを使えなくなってしまうほど、Vim

DeepL翻訳を使ってみよう!Chrome拡張機能もあり!

英語などの外国語を日本語に翻訳したり、逆に日本語を外国語に翻訳したりするときに便利な翻訳ソフトですが、中でもDeepL翻訳は、自然で高精度な翻訳が可能です。 今回はDeepL翻訳について紹介し

コメントを残す(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。




オリジナルゲーム.com