1. HOME
  2. »
  3. ソフトウェア
  4. »
  5. WordやExcel、PowerPointなど、Officeを無料で使う方法

WordやExcel、PowerPointなど、Officeを無料で使う方法

学校などで、WordやExcelを使って提出物を作らなければいけないことはありませんか?
Microsoft Officeの購入を考えている方もいるかもしれません。しかし、今後使用するかどうかも分からないソフトを、提出物のためだけに購入するのも考え物です。

実は、WordやExcel、PowerPointなど、Office製品は、無料で使うことができます。

目次
  1. Office Onlineを使う
  2. スマホでOfficeを使う
  3. Officeを購入したい場合
  4. まとめ

Office Onlineを使う

Officeを無料で使う方法として、Office Onlineを使う方法があります。
Office Online
office

使い方はとても簡単。ダウンロード不要、ブラウザ上で使うことができます。
(無料ということで、機能は制限されています)

Microsoftのアカウントを取得

Microsoftのアカウントを持っていない場合、取得する必要があります。
では、先ほどのページの「無料でサインアップをクリック」します。
office

すると、次のような画面が表示されますので、普段使用しているメールアドレスを入力します。
office

パスワードを作成します。
office

入力したメールアドレスに送られてきた、4桁の番号を入力し、次へをクリックします。
office

表示されている画像の文字を入力します。
office

このような画面が表示されたら、×を押して閉じます。
office

次のような画面が表示されれば、Officeが使えるようになります。
office

左上のメニューボタンをクリックすることで、切り替えも簡単にできます。
office

スマホでOfficeを使う

また、スマホでOfficeを使う方法もあります。
こちらも無料でつかうことができます。(アプリ内購入あり)

ダウンロードはこちらから。
Google Play で手に入れよう

インストールが済んだら、一番下の+ボタンをタップします。
office

ドキュメントをタップします。
office

すると、WordやExcelといったOffice製品が使えます。
office

Officeを購入したい場合

もちろん、Officeを購入して、全ての機能を使いたいという方もいると思います。
いろいろ種類があって分かりにくいのですが、例えば、もし「いつまで使うか分からないけど、とりあえず1年ぐらいは使いたい」と思うなら、Microsoft 365 Personal(最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)
がおすすめです。

オンラインコードやパッケージ版など、いろいろ選ぶことができるので、検討してみてください。

まとめ

WordやExcel、PowerPointなど、Officeを使わなければならない状況に遭遇することは、よくあると思います。
もしも購入を考えてるのならば、一度無料で試してから考えてみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

コメントを残す(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。




オリジナルゲーム.com