1. HOME
  2. »
  3. ソフトウェア
  4. »
  5. Rufusの使い方。ブータブルUSBを簡単に作成可能!

Rufusの使い方。ブータブルUSBを簡単に作成可能!

起動にとても時間がかかる@It_is_Rです。

Rufusは、起動可能なUSBドライブを作成するのに、とても便利なソフトです。
今回はRufusの使い方ということで、CentOSのインストールUSBを作成してみようと思います。

目次
  1. Rufusについて
  2. Rufusの画面の見方
  3. RufusでブータブルUSBを作成する方法
  4. Rufusによるフォーマットの方法
  5. まとめ

Rufusについて

Rufusは、ブータブルUSBの作成やフォーマットができる、Windows用の無料ソフトです。

とても簡単な操作で作成でき、インストールは不要、他のソフトと比べて速い、などの特徴があります。

シンプルな画面が分かりやすく、とても使いやすいアプリです。

ダウンロードはこちらのサイトから可能です。

Rufus

ダウンロードが完了したら、次へ進みましょう。

Rufusの画面の見方

Rufusを開くと、次のような画面が表示されます。
まず、「詳細なドライブプロパティを表示」と「詳細なフォーマットオプションを表示」をクリックして開きます。

すると、このような項目が表示されます。

また、さきほど「詳細なドライブプロパティを表示」にしたことで、「ブートの種類」のところで選べる項目が増えます。

では、どのような設定をすればいいのかを見ていきましょう。

  • ①デバイス:ブータブルUSBにしたいデバイスを選択します。
  • ②ブートの種類:デバイスをどうしたいのかを選択します。起動したいOSを選択することも可能ですし、フォーマットすることも可能です。また、右の「選択」から、isoファイルを読み込むこともできます。
  • ③パーティション構成:MBR、GPTといった、パーティションの形式を選択することができます。よく分からない場合は、MBRにしておきます。
  • ④ボリュームラベル:ボリュームの名前を入力できます。
  • ⑤ファイルシステム:FAT32、NTFSといった形式を選択することができます。よく分からない場合は、規定のFAT32にしておきます。
  • ⑥クラスターサイズ:データを保存する最小単位を選択することができます。よく分からない場合は、規定の値にしておきます。
  • ⑦クイックフォーマット:クイックフォーマットにするかどうかを選べます。チェックを入れない場合、通常フォーマットになります。ふつうはチェックを入れて、クイックフォーマットを行います。

RufusでブータブルUSBを作成する方法

では、Rufusを使ってブータブルUSBを作成してみましょう。
今回はCentOSのインストールディスクを作成します。

ここではCentOSのisoファイルのダウンロードの方法は省略します。
また、使用するUSBメモリなどのデバイスは差し込んでおいてください。

CentOSのISOファイルを用意できたら、Rufusを立ち上げます。

ではまず、デバイスの項目で、ブータブルUSBにしたいデバイスを選択します。
私はバッファローのUSBメモリを選びました。

続いて「選択」をクリックして、isoファイルを読み込みます。

私はcentOSのisoファイルを読み込みました。
すると「ブートの種類」の項目が、読み込んだものに変わります。

続いて、必要な項目を入力、選択していきます。
だいたい、以下の部分を確認すれば大丈夫だと思います。

多くの場合、パーティション構成はMBRを選びます。もしもUEFIモードを使いたい、4つよりも多いパーティションを作りたい、などといった場合は、GPTを選びます。
ボリュームラベルは好きな名前を指定できます。必要がなければそのままでも構いません。
ファイルシステムも、FAR32のままで大丈夫です。ただ、4GB以上のファイルを扱えないという制限があるので、Windowsのみで使用する場合は、NTFSを選択するのもありです。
クイックフォーマットは、チェックが入っていることを確認してください。

入力、選択が済んだら、「スタート」をクリックします。

「ダウンロードが必要です」という警告が表示されたら、「はい」をクリックします。

そのまま「OK」をクリックします。

さらに、「OK」をクリックします。

そのまましばらく待ちましょう。

これで、CentOSインストールUSBを作成することができました。
終了するには「閉じる」をクリックします。

このように、インストールUSBが作成されているのが分かります。

Rufusによるフォーマットの方法

Rufusを使って、デバイスをフォーマットすることも可能です。

方法は先ほどとほぼ同じですが、「ブートの種類」の項目で、「非ブート用」を選択します。

「クイックフォーマット」にチェックが入っていることを確認します。
また、「機能拡張されたラベルとアイコンファイルを作成」のチェックを外します。これが外れていないと、フォーマットされたあとのドライブに、アイコンなどのファイルが作成されます。

「スタート」をクリックします。

これで、フォーマットが完了するまで待ちます。

完了後、デバイスを確認してみると、無事フォーマットされていることが分かります。

まとめ

Rufusを使うと、とてもかんたんにブータブルUSBを作成することができます。

ブータブルUSBを作成することで、LinuxなどのOSをインストールするときなどに、とても役立ちます。
もし、今後OSをインストールする機会があれば、Rufusを使ってみるのも視野に入れてみてください。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

【Vim使い方】ソースを色付けしてコードを読みやすくする方法!!

普段から何も考えてない、@It_is_Rです。 Vimの使い方、第8回目です。 今回はVimを使う上で、コードを見やすくするために、ソースを色分けする方法を紹介していきます。 前回の記事

vim

Vimのインストールと、環境変数にPathを設定する方法【Windows10】

Vimは、多くの方が使っているものとはちょっと違った、高機能なテキストエディタです。 一見とても使いづらいように思えますが、これに慣れてしまうと他のテキストエディタを使えなくなってしまうほど、Vim

Data Recovery Wizard

無料データ復元ソフト「Data Recovery Wizard」の機能を徹底検証!

大切なデータを誤って削除してしまった、必要ないと思って削除したファイルが後々必要になった、などといった経験はありませんか? 通常ですと、削除したファイルはゴミ箱に保存されるので、復旧することは容易で

【Vim使い方】これさえ覚えれば使える!!文字入力の基本操作。

宇宙一のひねくれ者、@It_is_Rです。 Vimの使い方、第4回目となりました。 今回は、Vimを使った文字入力の基本についてを記事にしました。 ちなみに、前回の記事はこちらになります

vim-airlineの使い方と設定方法。Vimのステータスバーを最強に!

なんてちっぽけで なんて意味のない なんて無力な@It_is_Rです。©️尾崎豊 Vimのステータスバーをかっこよくしたいと思い、vim-airlineを使ってみたのですが、日本語

software

【Mac可】CrossFTPを使ってサーバーとデータを送受信する方法!!

目に入れても痛くないほど動物が好きな@It_is_Rです。もちろん目に入れたことはありません。だって痛いじゃん。 いままでサーバーとのファイルのやり取りにはDWを使っていたのですが、少し使い勝手

franz

便利すぎ! Franz 5で普段使うチャットサービスを管理してみよう!

Franzは様々なチャットサービス等を、1つのアプリ上で管理できる便利なツールです。 このツールを初めて使ってみたのですが、一瞬で使いたいチャットサービス等を開くことができ、とても便利なので、今

Vim

vimrc 設定で、 Vim をまるで普通のテキストエディタの様に使う方法。

寒い日が続いております。 @It_is_R です。 寒いと手がかじかむし、部屋を暖めると眠くなるし、何かいい方法はないものでしょうかね。 何も設定しない状態で Vim を使うと、真っ白な画面に

【Vim使い方】モードって何なの!? 完璧に理解して使いこなせ!!

世の中のきれいごとが大嫌いな、@It_is_Rです。 今回も、Vimの使い方について、記事を書いていこうと思います。 さて、前回も少しだけ出てきましたが、Vimのモードっていったい何なんでしょ

【Vim使い方】行番号を表示&非表示にする方法。

もしも魔法が使えたら猫になります。@It_is_Rです。 Vimの使い方、第7回目です。 今回はVimの画面に行番号を表示&非表示にする方法を紹介したいと思います。 前回の記事はこちらに

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です