1. HOME
  2. »
  3. 分かりやすいIT用語辞典
  4. »
  5. ネットワーク
  6. »
  7. IPアドレスとは?

IPアドレスとは?

IPアドレス(Internet Protocol address)は、それぞれコンピュータに付けられた住所のこと、とよく言われています。

ただ、住所と言われても、いまいちピンとこないかもしれません。
そこで今回は、IPアドレスとは一体なんなのかを学んでいきましょう。

目次
  1. IPアドレスとは?
  2. IPアドレスの仕組み
  3. まとめ

IPアドレスとは?

IPアドレスは、コンピュータに割り当てられた住所のこと、とよく言われています。
しかし、ここでは住所ではない例えで紹介してみたいと思います。

IPアドレスは、コンピュータに割り当てられた番号のことです。
学校に行くと、出席番号ってありますよね。IPアドレスはその出席番号のようなものです。

たとえば、朝の会で先生が、生徒の出席を確認します。

山田

1番、りこちゃん!

りこ

はーい!

山田

2番、アルくん!

アル

はいはい!

しかし、出席番号だけでは、どのクラスなのか分かりません。さらに言えば、何年生なのかも分かりません。
IPアドレスには、もうちょっと詳しい情報が入っています。

りこちゃんやアルくんの情報をもっと詳しくすると、りこちゃんは「守譜雲府もふもふ第四小学校3年5組1番」、アルくんは「守譜雲府もふもふ第四小学校3年5組2番」というふうになります。
これでは長いので、「4.3.5.1」「4.3.5.2」というふうにします。これがりこちゃんとアルくんのIPアドレスです。

つまり、守譜雲府もふもふ第四小学校では、「4.3.5.1」や「4.3.5.2」という番号だけで、りこちゃんやアルくんのことだな、というのが分かります。

この番号は、どこの、だれ、というふうに、2つに分けることができます。

「4.3.5」の部分は、どの学校のどのクラスなのか、を表し、「1」の部分で、だれ、を表します。

しかしここで、ひとつ問題が発生してしまいました。

守譜雲府もふもふだけでなく、又田比またたび市にも第四小学校があったのです。
そして、又田比またたび第四小学校にも3年5組がありました

これでは「4.3.5.1」や「4.3.5.2」という番号が、守譜雲府もふもふ第四小学校のものなのか、又田比またたび第四小学校のものなのか分かりません

そこで、頭のいい人は考えました。学校にもIPアドレスをつければいいんじゃない? と。

こうすることで、りこちゃんやアルくんのIPアドレスが、ほかの学校の子とかぶっても、判断できるようになりました。

そして、この「xxx.xxx.111.222」や「xxx.xxx.100.200」という番号をグローバルIPアドレス、「4.3.5.1」や「4.3.5.2」というのをローカルIPアドレス(プライベートIPアドレス)といいます。

そうです。IPアドレスは、実はふたつあるんです。

IPアドレスの仕組み

さて、ここまでIPアドレスがなんなのか、なんとなく理解していただけたかな、と思います。

では、もっと具体的な話をしていきましょう。

コンピュータの場合も、さきほどの例と同じです。
インターネットに繋がっているコンピュータは、IPアドレスが割り振られています。
自動的に割り振られる場合もありますし、自分で決めることもできます。おそらく多くの方は、自動的に割り振られたものを使っていると思います。

さきほど、IPアドレスはふたつある、と紹介しました。

グローバルIPアドレスは、ルータのIPアドレス(である場合が多い)です。
ローカルIPアドレスは、それぞれのパソコンスマートフォンなどに、ルータ(DHCPサーバ機能)によって割り振られます。(自分で割り振ることもできます)

さきほどの例で、守譜雲府もふもふ第四小学校では、生徒はそれぞれの出席番号をもらえます。学年やクラスを合わせれば、その番号が誰なのかが分かります

同じように、ルータはそれぞれのコンピュータ(パソコンやスマホなど)に、ローカルIPアドレスを割り振ります。そうすることで、その番号がどのコンピュータなのかが分かります

さらに、IPアドレスは、2つの部分に分けることができます。
ネットワーク部ホスト部です。

ネットワーク部どのネットワークなのかを表し、ホスト部どのコンピュータなのかを表します。

(※今回は、ネットワーク部とホスト部をこのように分けましたが、サブネットマスクというものを使って、好きなところで分けることもできます)

このネットワーク部が、どの学校で、何年生で、何組かです。
そしてホスト部が、出席番号です。

しかし……

さきほど「4.3.5.1」というりこちゃんのIPアドレスを例に出しましたが、第四小学校なんていろんなところにあるし、4という数字が第四小学校のことを表していて、そのほかの番号が学年とクラスと出席番号なんて、学校の外からは分かりません。そして、実際に又田比またたび第四小学校とかぶってしまいました。
だってこれは、守譜雲府もふもふ第四小学校が、学校の中だけで使おうと思って作ったIPアドレスなのです。

そうです。192.168.100.11というIPアドレス(ローカルIPアドレス)も、同じIPアドレスを使っているコンピュータがあるので、これがどのコンピュータかなんて、ルータの向こうからは分からないのです。

では、どうすればいいのでしょうか。

さきほどは、それぞれの学校にそれぞれのIPアドレスを割り当てることで解決できました。
つまり、もうひとつIPアドレスがあれば、IPアドレスがかぶった場合でもどのコンピュータかが分かります

そうです。ルータにもIPアドレスを割り当てられている(ルータを使った接続の場合です)のです。

これがグローバルIPアドレスです。

グローバルIPアドレスは、世界にひとつしかありません。対して、ローカルIPアドレスは、ほかのパソコンとかぶることもありますが、同じネットワークのなかではひとつしかありません。

このふたつのIPアドレスを使って、それぞれのコンピュータを判別できるのです。

まとめ

IPアドレスは、それぞれコンピュータに付けられた住所のこと、とよく言われます。
ただ、住所というよりも、出席番号として考えたほうが、イメージがつかみやすいのではないか、と思い、今回はその方向で解説してみました。

IPアドレスは、インターネットに繋がったそれぞれのコンピュータに、出席番号のように、割り振られています。

グローバルIPアドレスと、ローカルIPアドレスがあります。

グローバルIPアドレスは、多くの場合ルータに割り当てられており、世界にひとつです。
対して、ローカルIPアドレスは、同じネットワークのなかにひとつです。

このふたつのIPアドレスで、それぞれのコンピュータを判別することができます。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

ペンテスト(ペネトレーションテスト)とは?

ペンテストはペネトレーションテストを短くしたものです。ホワイトハッカーが実際に侵入を試してみることで、そのシステムに弱い部分(脆弱性)があるかどうかをテストすることです。 ペンテスト(

DDoS攻撃とは? DoS攻撃との違いも含めて解説!

DDoS攻撃は、あるサービスにたいして、たくさんのお願い事をすることで、そのサービスが本来のやるべきことをできなくしてしまう攻撃のことです。 似たものとしてDoS攻撃というものがありますが、D

総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)とは?

総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)は、パスワードを盗むための攻撃方法のひとつです。パスワードを順番に試していくことで、いずれはそのパスワードにたどり着くかもしれない、という攻撃です。

逆総当たり攻撃(リバースブルートフォースアタック)とは?

逆総当たり攻撃(リバースブルートフォースアタック)は、パスワードを盗むための攻撃方法のひとつです。これと似た攻撃方法に、総当たり攻撃というものがありますが、逆総当たり攻撃はその逆の方法になります。

LANとWANの違いとは? 

インターネットについての言葉で、よくLANやWANという言葉を耳にすると思います。 ではこの2つはどのような違いがあるのでしょうか。今回はLANとWANの違いについて、紹介していきたいと思いま

DHCPとは?

DHCPは、インターネットに繋がれたコンピュータに、IPアドレスなどの通信に必要な情報を割り当てるための約束事(プロトコル)です。 DHCP(Dynamic Host Configur

ゼロデイ攻撃(ゼロデイアタック)とは?

ゼロデイ攻撃とは、システムに弱い部分(脆弱性)が見つかり、その対応ができる前に行われる攻撃のことです。 システムを作っている人たちがまだ認識していない脆弱性を、悪い人たちが先に知ってしまった場