悪魔の双子

悪魔あくま双子ふたご(イビルツイン)は、ちゃんとしたもののふりをして、じつは情報じょうほうぬすんだりするためのわなのアクセスポイント、というものです。

目次
  1. 悪魔の双子(イビルツイン)とは
  2. まとめ

悪魔の双子(イビルツイン)とは

たとえば、おみせやイベント会場かいじょうなどには、そこが用意よういしてくれている「Wi-Fiワイファイ」という天使てんしがいることがあります。
無料むりょうインターネットにつなぐことができるので、ちょっと調しらべものをしたいときなどに、とってもありがたいです。

しかしその天使には、おそろしい双子ふたごがいることもあります。
これを、「悪魔あくまの双子(イビルツイン)」といいます。

見分みわけがつかないほどにそっくりなのですが、性格せいかくはまったくちがいます。

みせやイベント会場かいじょうなどが用意よういしてくれるちゃんとしたWi-Fiも、悪魔の双子のWi-Fiも、つなげばインターネット使つかうことができてしまいます。
しかし、間違まちがえて「悪魔の双子」を使ってインターネットにつないでしまうと、情報じょうほうぬすまれてしまったり、スマホの中に入られてしまったりなど、大変たいへんなことになってしまいます。

こういったもののことを、「悪魔の双子攻撃こうげき」というふうにもいいます。

まとめ

悪魔あくま双子ふたご(イビルツイン)は、おみせなどが用意よういしてくれているWi-Fiワイファイのふりをした、偽物にせもののアクセスポイントのことです。

間違まちがえて悪魔の双子につないでしまうと、情報ほうほうぬすまれてしまったりなど、大変たいへんなことになってしまいます。
無料むりょうWi-Fiにつなぐときは、ちゃんとしたものかどうか、しっかりとたしかめてからつなぐようにしましょう。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

DHCP

DHCPは、インターネットに繋がれたコンピュータに、IPアドレスなどの通信に必要な情報を割り当てるための約束事(プロトコル)です。 DHCP(Dynamic Host Configur

ゼロデイ攻撃

ゼロデイ攻撃とは、システムに弱い部分(脆弱性)が見つかり、その対応ができる前に行われる攻撃のことです。 システムを作っている人たちがまだ認識していない脆弱性を、悪い人たちが先に知ってしまった場

LAN

LAN《ラン》(Local Area Network《ローカルエリアネットワーク》)は、お家《うち》の中、お店《みせ》の中、テーマパークの中、といった、限《かぎ》られた範囲《はんい》のネットワークの

総当たり攻撃

総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)は、パスワードを盗むための攻撃方法のひとつです。パスワードを順番に試していくことで、いずれはそのパスワードにたどり着くかもしれない、という攻撃です。

逆総当たり攻撃

逆総当たり攻撃(リバースブルートフォースアタック)は、パスワードを盗むための攻撃方法のひとつです。これと似た攻撃方法に、総当たり攻撃というものがありますが、逆総当たり攻撃はその逆の方法になります。

フィンガープリント

フィンガープリントは、指紋《しもん》のことです。ITの分野《ぶんや》では、データやコンピュータが、同じものかどうかを判断《はんだん》するために使われるものを、フィンガープリントといいます。

Wi-Fi

Wi-Fi《ワイファイ》は、線《せん》をつながなくても接続《せつぞく》できる、ネットワークのことをいいます。ただ、ほとんど無線LAN《むせんラン》と同《おな》じ意味《いみ》で使われますが、ほんとうは

ハッキング

ハッキングは、コンピュータにとてもくわしい人が、システムやネットワークの弱点《じゃくてん》を探《さが》して安全《あんぜん》かどうかを確《たし》かめたり、ソフトを改造《かいぞう》して便利《べんり》にし

インターネット

インターネットは、世界中《せかいじゅう》のスマホやパソコンなどのコンピュータをつないでくれるものです。世界中のコンピュータがつながることで、そこにはもうひとつの世界ができあがります。

辞書攻撃

辞書攻撃(ディクショナリアタック)は、あらかじめ用意《ようい》しておいたワードを元に、パスワードを破《はぶ》る攻撃《こうげき》のことです。パスワードによく使われそうなワードをたくさん用意して、さらに