野良Wi-Fi

野良Wi-Fiのらワイファイは、どこかのだれかさんの、なぜかつなげてしまえそうなWi-Fiのことです。

目次
  1. 野良Wi-Fiとは
  2. まとめ

野良Wi-Fiとは

おおくのWi-Fiワイファイはパスワードがかかっており、勝手かってにつなぐことはできません。
だけどなかには、パスワードがかかっていないWi-Fiがあります。こういったWi-Fiは、つなごうとおもえば、かんたんに接続せつぞくできてしまいます。

これが、野良Wi-Fiのらワイファイです。

野良Wi-Fiは、パスワードなしでつなげるように、どこかのだれかさんが設定せっていしたWi-Fiです。
これには、ふたつの目的もくてきがあります。

ひとつは「パスワード入力するの大変たいへんだなぁ、なしでいいか」というもの。
そしてもうひとつは「このWi-Fiにつないだひと情報じょうほうちゃおっと」というものです。

もし、つないだのがあとの方の目的のものだと、通信つうしんした内容ないようられてしまったり、ウィルスをしかけられてしまったりすることもあります。

なので、野良Wi-Fiにつなぐのは、とても危険きけんです。

ただ、それが野良Wi-Fiだとすぐにかるものならいいのですが、中には、おみせ名前なまえだったり、ホテルの名前だったりするものもあります。
これを、野良Wi-Fiのなかでも、「なりすましWi-Fi」といいます。

また、本当ほんとうのアクセスポイントにそっくりなものを用意よういする、「悪魔の双子」というのもあります。

まとめ

野良Wi-Fiのらワイファイは、なんかつなげそうな、どこかのだれかさんのWi-Fiのことです。

ただ、このWi-Fi目的もくてきがふたつかんがえられ、もし「このWi-Fiにつないだ人の情報じょうほうちゃおっと」とかんがえている人のWi-Fiだったら、通信つうしんした内容ないようを見られてしまう可能性かのうせいがあります。

なかには野良Wi-Fiなのか、おみせWi-Fiなのか、区別くべつがつかないものもあるので注意ちゅうい必要ひつようです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

ハッキング

ハッキングは、コンピュータにとてもくわしい人が、システムやネットワークの弱点《じゃくてん》を探《さが》して安全《あんぜん》かどうかを確《たし》かめたり、ソフトを改造《かいぞう》して便利《べんり》にし

ペネトレーションテスト

ペンテストはペネトレーションテストを短くしたものです。ホワイトハッカーが実際に侵入を試してみることで、そのシステムに弱い部分(脆弱性)があるかどうかをテストすることです。 ペンテスト(

LANとWANの違い

インターネットについての言葉で、よくLANやWANという言葉を耳にすると思います。 ではこの2つはどのような違いがあるのでしょうか。今回はLANとWANの違いについて、紹介していきたいと思いま

逆総当たり攻撃

逆総当たり攻撃(リバースブルートフォースアタック)は、パスワードを盗むための攻撃方法のひとつです。これと似た攻撃方法に、総当たり攻撃というものがありますが、逆総当たり攻撃はその逆の方法になります。

ゼロデイ攻撃

ゼロデイ攻撃とは、システムに弱い部分(脆弱性)が見つかり、その対応ができる前に行われる攻撃のことです。 システムを作っている人たちがまだ認識していない脆弱性を、悪い人たちが先に知ってしまった場

悪魔の双子

悪魔《あくま》の双子《ふたご》(イビルツイン)は、ちゃんとしたもののふりをして、じつは情報《じょうほう》を盗《ぬす》んだりするための罠《わな》のアクセスポイント、というものです。 悪魔

WAN

WAN《ワン》(Wide Area Network《ワイドエリアネットワーク》)は、インターネットとほぼ同《おな》じ意味《いみ》で、よく使《つか》われます。しかし、もうひとつ意味があり、大きな会社《

Wi-Fi

Wi-Fi《ワイファイ》は、線《せん》をつながなくても接続《せつぞく》できる、ネットワークのことをいいます。ただ、ほとんど無線LAN《むせんラン》と同《おな》じ意味《いみ》で使われますが、ほんとうは

フィンガープリント

フィンガープリントは、指紋《しもん》のことです。ITの分野《ぶんや》では、データやコンピュータが、同じものかどうかを判断《はんだん》するために使われるものを、フィンガープリントといいます。

サーバー

ITの分野《ぶんや》で使われるサーバーは、遠《とお》く離《はな》れた場所《ばしょ》からでも、いろんな機能《きのう》を使わせてくれるパソコンのことです。 サーバーとは? みなさんが