1. HOME
  2. »
  3. 分かりやすいIT用語辞典
  4. »
  5. 通信
  6. »
  7. Bluetooth(ブルートゥース)

Bluetooth(ブルートゥース)

Bluetoothブルートゥース)は、ケーブルを使つかわずにすうメートルのちか距離きょりをつなぐ、無線通信むせんつうしんまりごとのひとつです。

目次
  1. Bluetooth(ブルートゥース)とは
  2. まとめ

Bluetooth(ブルートゥース)とは

Bluetoothブルートゥース)は、無線通信むせんつうしんまりごとのひとつです。
パソコンとキーボード、パソコンとマウス、スマホとイヤホン、ゲームとコントローラーなど、ちか距離きょりを、ケーブルをつながずに通信することができます。

わざわざケーブルでつながなくても、ボタンひとつで接続せつぞくすることができたりするので、とても便利べんりです。

デメリットは、接続せつぞくれやすいことと、情報じょうほうれやすいことです。

まとめ

Bluetoothブルートゥース)は、ケーブルを使つかわずに、無線むせんでマウスやキーボードを接続せつぞくできる仕組しくみです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

iPhone

iPhone《アイフォン》は、Apple《アップル》が作《つく》っているスマートフォンのことです。 iPhoneとは iPhone《アイフォン》は「りんごのマーク」がついたスマー

JavaScript

JavaScript《ジャバスクリプト》は、Webページに動《うご》きをつけたりすることができる、プログラミング言語《げんご》です。HTMLに直接書き込むこともでき、さまざまなところで使われ、さらに

変数

プログラミングにおいての変数《へんすう》は、さまざまなものを覚《おぼ》えておいてくれる役割《やくわり》をしてくれるものです。ものすごい記憶力《きおくりょく》の持《も》ち主《ぬし》なのですが、複数《ふ

配列

プログラミングにおいての配列《はいれつ》は、さまざまなことを覚《おぼ》えておいてくれる役割《やくわり》をしてくれるものです。 配列《はいれつ》は変数《へんすう》のなかまなのですが、ふつうの変数

ゼロデイ攻撃

ゼロデイ攻撃とは、システムに弱い部分(脆弱性)が見つかり、その対応ができる前に行われる攻撃のことです。 システムを作っている人たちがまだ認識していない脆弱性を、悪い人たちが先に知ってしまった場

DHCP

DHCPは、インターネットに繋がれたコンピュータに、IPアドレスなどの通信に必要な情報を割り当てるための約束事(プロトコル)です。 DHCP(Dynamic Host Configur

OS(オペレーティングシステム)

OS(オペレーティングシステム)は、スマホやパソコンの中で、いちばん基《もと》になるソフトウェアです。 OS(オペレーティングシステム)とは まず、「OS(オペレーティングシステ

アップデート

アップデートは、ソフトの内容《ないよう》や、いろんなデータなどを、新《あたら》しいものにすることです。まったく違《ちが》うものに変《か》えるのではなく、いままでのものをもっと便利《べんり》にするため

アンインストール

アンインストールは、スマホやパソコンにインストールされたソフトウェアを消《け》すことです。 アンインストールとは まず、スマホやパソコンにアプリを入れるとしたら、インストールとい

メモリ

メモリは、いろんなことを覚《おぼ》えておいてくれるものです。USBメモリ、フラッシュメモリ、メモリーカード、など、メモリっぽい言葉《ことば》はいろいろあります。 「メモリ」とだけ言った場合《ば