1. HOME
  2. »
  3. 分かりやすいIT用語辞典
  4. »
  5. 通信
  6. »
  7. Bluetooth(ブルートゥース)

Bluetooth(ブルートゥース)

Bluetoothブルートゥース)は、ケーブルを使つかわずにすうメートルのちか距離きょりをつなぐ、無線通信むせんつうしんまりごとのひとつです。

目次
  1. Bluetooth(ブルートゥース)とは
  2. まとめ

Bluetooth(ブルートゥース)とは

Bluetoothブルートゥース)は、無線通信むせんつうしんまりごとのひとつです。
パソコンとキーボード、パソコンとマウス、スマホとイヤホン、ゲームとコントローラーなど、ちか距離きょりを、ケーブルをつながずに通信することができます。

わざわざケーブルでつながなくても、ボタンひとつで接続せつぞくすることができたりするので、とても便利べんりです。

デメリットは、接続せつぞくれやすいことと、情報じょうほうれやすいことです。

まとめ

Bluetoothブルートゥース)は、ケーブルを使つかわずに、無線むせんでマウスやキーボードを接続せつぞくできる仕組しくみです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

フィンガープリント

フィンガープリントは、指紋《しもん》のことです。ITの分野《ぶんや》では、データやコンピュータが、同じものかどうかを判断《はんだん》するために使われるものを、フィンガープリントといいます。

多次元配列

多次元配列《たじげんはいれつ》は、配列《はいれつ》の中に配列があって、またその中に配列があったりする、配列のことです。 多次元配列とは まず、配列《はいれつ》というのは、いくつも

ホームディレクトリ

ホームディレクトリは、そのコンピュータを使う人ごとに割《わ》り当てられたディレクトリのことです。主にUnix《ユニックス》系(Macとか、Linuxとか)で使われる言葉です。 ホームデ

仮想マシン

仮想マシンとは、コンピュータの中で仮想的に作られたコンピュータのことです。 たとえば、Macの中にWindowsの仮想マシンを作ることで、本来Macでは動かないはずのWindows専用ソフトを

逆総当たり攻撃

逆総当たり攻撃(リバースブルートフォースアタック)は、パスワードを盗むための攻撃方法のひとつです。これと似た攻撃方法に、総当たり攻撃というものがありますが、逆総当たり攻撃はその逆の方法になります。

2D

2D《ツーディー》は、平面《へいめん》(2次元《じげん》)のことです。といっても、なにを2Dというのかは、そのときそのときで違《ちが》ったりします。 2Dとは 2D《ツーディー》

ゼロデイ攻撃

ゼロデイ攻撃とは、システムに弱い部分(脆弱性)が見つかり、その対応ができる前に行われる攻撃のことです。 システムを作っている人たちがまだ認識していない脆弱性を、悪い人たちが先に知ってしまった場

ブログ

ブログは、Web《ウェブ》 log《ログ》を短《みじか》くしたもので、毎日《まいにち》の出来事《できごと》や、自分が好きなテーマなど、いろんな情報《じょうほう》を、日々《ひび》更新《こうしん》してい

DHCP

DHCPは、インターネットに繋がれたコンピュータに、IPアドレスなどの通信に必要な情報を割り当てるための約束事(プロトコル)です。 DHCP(Dynamic Host Configur

DDoS攻撃

DDoS攻撃は、あるサービスにたいして、たくさんのお願い事をすることで、そのサービスが本来のやるべきことをできなくしてしまう攻撃のことです。 似たものとしてDoS攻撃というものがありますが、D

オリジナルゲーム.com