1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. WordPress
  6. »
  7. WordPress|ショートコードの作り方&使い方。確実に使いこなす為のガイド。

WordPress|ショートコードの作り方&使い方。確実に使いこなす為のガイド。

前回、WordPressで、特定のカテゴリ一覧を表示する方法について書きました。
改めまして、@It_is_Rです。

特定のカテゴリ一覧を表示したとき、ショートコードというものを使いましたが、今回はこのショートコードについて、詳しく解説していきたいと思います。

ショートコードの基本

では、基本的なショートコードを実際に作ってみましょう。
以下のソースをfunctions.phpに記入してください。

functions.php

function shortcode_func() {
  return "はじめてのショートコード";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページで、次のコードを入力します。

記事の投稿ページ

[sample]

実行結果

はじめてのショートコード

すると、実際の記事には「はじめてのショートコード」と表示されます。
この様に、短いコードで様々な機能を追加できる様になるわけです。

これを応用して、様々な機能を作っていきます。

ショートコードで引数を使う

ショートコードは引数を使うことで力を発揮します。

functions.php

function shortcode_func($arg) {
  extract(shortcode_atts(array(
      'num' => '0'
  ), $arg));
  return "数値は{$num}です。";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページ

[sample]
[sample num=10]

実行結果

数値は0です。
数値は10です。

3行目の’num’ => ‘0’で、初期値を0としておきます。
すると、引数がなかった場合でも、0という数値が表示される様になります。

引数が複数の場合

また、複数の引数を渡すことも可能です。

functions.php

function shortcode_func($arg) {
  extract(shortcode_atts(array(
      'num' => '0',
      'num2' => '0',
      'num3' => '0'
  ), $arg));
  return "数値は{$num}と{$num2}と{$num3}です。";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページ

[sample num=10 num2=15 num3=20]

実行結果

数値は10と15と20です。

コンテンツを囲むタイプのショートコード(囲み型ショートコード)

HTMLなどの様な形の、コンテンツを囲むタイプのショートコードをつくることもできます。

functions.php

function shortcode_func($arg, $content="") {
  return "入力されたテキストは{$content}です。";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページ

[sample]サンプル[/sample]

実行結果

入力されたテキストはサンプルです。

この様にコンテンツを囲む形のものも、かなり便利な使い方ができると思いますので、覚えておくといいと思います。

テーマ(テンプレート)内でショートコードを使う

記事の投稿ページからだけでなく、テンプレートのphpファイルでショートコードを使うこともできます。
しかし、ちょっとしたやり方があります。

コンテンツを囲まないタイプ(自己完結型ショートコード)の場合。

<?php echo do_shortcode('[sample]'); ?>

コンテンツを囲むタイプ(囲み型ショートコード)の場合。

<?php
  $text = 'サンプル';
  echo do_shortcode('[sample]'.$text.'[/sample]');
?>

ウィジェット内でショートコードを使う

ウィジェット内でショートコードを使うには、次のコードが必要な様です。
ただ、私の環境では、このコードを追加しなくても、ウィジェットでショートコードを使うことができました。(なんでだろ。

もしもウィジェット内でショートコードが使えない場合は、次のコードをfunctions.phpに追加してみてください。

functions.php

add_filter('widget_text', 'do_shortcode');

WordPressデフォルトのショートコード

WordPressにはデフォルトのショートコードがあります。
今回、使い方は解説しませんが、参考にしてみてください。

caption イメージにキャプションを付ける。
audio オーディオの埋め込みと再生。
video 動画の埋め込みと再生。
playlist プレイリストを表示する。
embed 埋め込みを囲む。最大サイズを指定する。
gallery ギャラリーを表示する。

まとめ

ショートコードはアイデア次第で様々な機能を追加することができます。
ぜひ面白いアイデアを形にしてみてください。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

Bootstrap 4 を読み込む為の方法を徹底解説。パッケージマネージャーなど。

今回は Bootstrap 4 の使い方です。It_is_Rです。 では詳しくみていきましょう。 Bootstrap とは Bootstrap は Webサイトを制作するときに使う、

JavaScriptマンガ講座。条件分岐(if文)の真偽値による使い方。(実践編)

生まれも育ちもド田舎、@It_is_Rです。 JavaScriptマンガ講座、第3回目です。 笑いあり、涙あり(?)のマンガで、JavaScriptを覚えようというものです。 今回は条件

gulp

gulpでsassをcssにコンパイル。インストール&便利な使い方。

幸せそうな人を見ると、転べって思います。@It_is_Rです。 Webページを制作するとき、sassをcssに変換して使用することが多いと思います。 今回は、gulpを使ってsassをcssに

これから作る WordPress のテーマをローカルサイトに適用させる。

WordPress と AliExpress って混乱しますよね。@It_is_Rです。せーへんわ。 WordPress テーマ自作シリーズ、第三回目です。 前回までで、ローカルで Wor

【Android Studio】じゃんけんゲームの作り方(アプリ開発の基本)

限りなくじゃんけんが弱い@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、11回目となりました。 そろそろ何かアプリを作ってみたいですよね。基本は大事ですが、一番つまらないですね。 そこ

enchant.jsのロード画面を、好きな画像に変更する方法。

今日は爆睡していました。@It_is_Rです。 enchant.jsのロード画面はカッコわるいなとずっと思っていました。「あ、これenchant.jsで作ったんだな」って思われてしまうじゃないで

carousel

【Bootstrap 4】くるくる回転するUI、カルーセル機能のを実装方法!

Bootstrap4の使い方、第8回目です。 サイトをみていると、画像を横並びにしてくるくると回転するカルーセル機能を実装しているサイトがありますよね。 Bootstrap4には、カルーセルを

wordpress

【WordPress】パンくずリストをプラグイン無しで自作する方法

※追記(2018/2/12) もっと高機能になるように、改良修正しました。 人生で3回ほど死にそうになったことがある@It_is_Rです。 WordPressのパンくずリストを作

java

Eclipseによる、Javaでじゃんけんゲームプログラムの作り方

※追記(2018/8/29) より分かりやすい記事になるよう修正しました。 今回はJavaを使って、じゃんけんゲームを作る方法を紹介します。 eclipseがインストールされ

java

【Java】スーパクラス、サブクラスとは?継承について。

猿も木から落ちますが、Rは木から落ちません。だって登らないから。 @It_is_R です。いや、登ろうと思っても登れません。 Javaを使っていると継承という言葉をよく耳にしますよね。どういうも

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。




オリジナルゲーム.com