1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. WordPress
  6. »
  7. WordPress|ショートコードの作り方&使い方。確実に使いこなす為のガイド。

WordPress|ショートコードの作り方&使い方。確実に使いこなす為のガイド。

前回、WordPressで、特定のカテゴリ一覧を表示する方法について書きました。
改めまして、@It_is_Rです。

特定のカテゴリ一覧を表示したとき、ショートコードというものを使いましたが、今回はこのショートコードについて、詳しく解説していきたいと思います。

ショートコードの基本

では、基本的なショートコードを実際に作ってみましょう。
以下のソースをfunctions.phpに記入してください。

functions.php

function shortcode_func() {
  return "はじめてのショートコード";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページで、次のコードを入力します。

記事の投稿ページ

[sample]

実行結果

はじめてのショートコード

すると、実際の記事には「はじめてのショートコード」と表示されます。
この様に、短いコードで様々な機能を追加できる様になるわけです。

これを応用して、様々な機能を作っていきます。

ショートコードで引数を使う

ショートコードは引数を使うことで力を発揮します。

functions.php

function shortcode_func($arg) {
  extract(shortcode_atts(array(
      'num' => '0'
  ), $arg));
  return "数値は{$num}です。";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページ

[sample]
[sample num=10]

実行結果

数値は0です。
数値は10です。

3行目の’num’ => ‘0’で、初期値を0としておきます。
すると、引数がなかった場合でも、0という数値が表示される様になります。

引数が複数の場合

また、複数の引数を渡すことも可能です。

functions.php

function shortcode_func($arg) {
  extract(shortcode_atts(array(
      'num' => '0',
      'num2' => '0',
      'num3' => '0'
  ), $arg));
  return "数値は{$num}と{$num2}と{$num3}です。";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページ

[sample num=10 num2=15 num3=20]

実行結果

数値は10と15と20です。

コンテンツを囲むタイプのショートコード(囲み型ショートコード)

HTMLなどの様な形の、コンテンツを囲むタイプのショートコードをつくることもできます。

functions.php

function shortcode_func($arg, $content="") {
  return "入力されたテキストは{$content}です。";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページ

[sample]サンプル[/sample]

実行結果

入力されたテキストはサンプルです。

この様にコンテンツを囲む形のものも、かなり便利な使い方ができると思いますので、覚えておくといいと思います。

テーマ(テンプレート)内でショートコードを使う

記事の投稿ページからだけでなく、テンプレートのphpファイルでショートコードを使うこともできます。
しかし、ちょっとしたやり方があります。

コンテンツを囲まないタイプ(自己完結型ショートコード)の場合。

<?php echo do_shortcode('[sample]'); ?>

コンテンツを囲むタイプ(囲み型ショートコード)の場合。

<?php
  $text = 'サンプル';
  echo do_shortcode('[sample]'.$text.'[/sample]');
?>

ウィジェット内でショートコードを使う

ウィジェット内でショートコードを使うには、次のコードが必要な様です。
ただ、私の環境では、このコードを追加しなくても、ウィジェットでショートコードを使うことができました。(なんでだろ。

もしもウィジェット内でショートコードが使えない場合は、次のコードをfunctions.phpに追加してみてください。

functions.php

add_filter('widget_text', 'do_shortcode');

WordPressデフォルトのショートコード

WordPressにはデフォルトのショートコードがあります。
今回、使い方は解説しませんが、参考にしてみてください。

caption イメージにキャプションを付ける。
audio オーディオの埋め込みと再生。
video 動画の埋め込みと再生。
playlist プレイリストを表示する。
embed 埋め込みを囲む。最大サイズを指定する。
gallery ギャラリーを表示する。

まとめ

ショートコードはアイデア次第で様々な機能を追加することができます。
ぜひ面白いアイデアを形にしてみてください。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

SCSS vs SASS どっちが便利か違いを比較。おまいら SASS 使えよ!

CSS を書くときに、 Sass はもう手放せません。 @It_is_R です。 さて、今回のテーマとなる Sass の表記には、2種類ありますよね。 SCSS と、 SASS です。

Ameba customize

アメーバのOwndで、無料で超簡単にホームページ作ってやろうぜ!!

どうも、@It_is_Rです。 ホームページを作成するには、まずHTMLを使う能力、若しくはソフトが必要になります。 さらにサーバーを借りなくてはなりません。するとお金がかかったりします。 では

WordPress テーマの基本構成と読み込まれるファイルの優先順位。

ドラクエとかにテンプレートっていう武器ありそうですね。@It_is_Rです。 WordPress テーマ自作シリーズ第4回目です。 今回はテーマを作成する上で、重要な知識を書いていこうと思いま

scratch

小学生から始めるScratch入門。シューティングゲームを作ろう!

小学生から始めるScratch入門です。 前回、ゲーム開発に必要な知識を学びました。 第3回目の今回は、これまでに学んだ知識を活用し、実際にシューティングゲームを作ってみようと思います。

【初心者向け】webpack 4入門。一番簡単で詳しい使い方

風邪をひいてぼんやりしている@It_is_Rです。どちらにしろいつもぼんやりしてますが。 さて、今回はWebpack4について紹介していきたいと思います。 この記事では、jsファイルをビルドす

WordPressカスタムヘッダーを完璧に使いこなしたい人へ告ぐ!

森の中に昔から住んでる@It_is_Rです。 WordPressのカスタマイズをする上で、カスタムヘッダーを使うと、色やヘッダー画像をWordPressの管理画面から操作できるようになり便利です

webpack-dev-serverの基本的な使い方と設定方法の詳しい解説

あとで見ようとブラウザのタブを開きすぎて、どれがどれだか分からなくなる@It_is_Rです。 webpack-dev-serverを使えば、とても簡単にwebpackでの開発サーバーを立ち上げる

【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

Bootstrap4の使い方、第7回目です。 トップページなどを見ると、記事の一部が抜粋された記事一覧が表示されているサイトをよく見かけます。 今回はそんな記事一覧ページを作るのに便利な「カー

enchant.js

enchant.js でクラスを作る、激分かりやすい方法!

こんばんわ、ちょっと海外へ行っておりました@It_is_Rです。 前回までの enchant.js の記事で、画像の表示やキャラの移動など、ゲーム制作には欠かせない基礎知識が身についたのではない

HTML CSS

CSSで文字を、円の上下左右中央ド真ん中に表示する方法。

体重が50キロを切りました。@It_is_Rです。身長は171あります。 骨っていうなー! サイトを作る時、円形のパーツを作りたい時ってよくありますよね。画像を丸くして。。。なんてやっている人

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。