WordPress|ショートコードの作り方&使い方。確実に使いこなす為のガイド。

公開 :

前回、WordPressで、特定のカテゴリ一覧を表示する方法について書きました。
改めまして、@It_is_Rです。

特定のカテゴリ一覧を表示したとき、ショートコードというものを使いましたが、今回はこのショートコードについて、詳しく解説していきたいと思います。

ショートコードの基本

では、基本的なショートコードを実際に作ってみましょう。
以下のソースをfunctions.phpに記入してください。

functions.php

function shortcode_func() {
  return "はじめてのショートコード";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページで、次のコードを入力します。

記事の投稿ページ

[sample]

実行結果

はじめてのショートコード

すると、実際の記事には「はじめてのショートコード」と表示されます。
この様に、短いコードで様々な機能を追加できる様になるわけです。

これを応用して、様々な機能を作っていきます。

ショートコードで引数を使う

ショートコードは引数を使うことで力を発揮します。

functions.php

function shortcode_func($arg) {
  extract(shortcode_atts(array(
      'num' => '0'
  ), $arg));
  return "数値は{$num}です。";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページ

[sample]
[sample num=10]

実行結果

数値は0です。
数値は10です。

3行目の’num’ => ‘0’で、初期値を0としておきます。
すると、引数がなかった場合でも、0という数値が表示される様になります。

引数が複数の場合

また、複数の引数を渡すことも可能です。

functions.php

function shortcode_func($arg) {
  extract(shortcode_atts(array(
      'num' => '0',
      'num2' => '0',
      'num3' => '0'
  ), $arg));
  return "数値は{$num}と{$num2}と{$num3}です。";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページ

[sample num=10 num2=15 num3=20]

実行結果

数値は10と15と20です。

コンテンツを囲むタイプのショートコード(囲み型ショートコード)

HTMLなどの様な形の、コンテンツを囲むタイプのショートコードをつくることもできます。

functions.php

function shortcode_func($arg, $content="") {
  return "入力されたテキストは{$content}です。";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページ

[sample]サンプル[/sample]

実行結果

入力されたテキストはサンプルです。

この様にコンテンツを囲む形のものも、かなり便利な使い方ができると思いますので、覚えておくといいと思います。

テーマ(テンプレート)内でショートコードを使う

記事の投稿ページからだけでなく、テンプレートのphpファイルでショートコードを使うこともできます。
しかし、ちょっとしたやり方があります。

コンテンツを囲まないタイプ(自己完結型ショートコード)の場合。

<?php echo do_shortcode('[sample]'); ?>

コンテンツを囲むタイプ(囲み型ショートコード)の場合。

<?php
  $text = 'サンプル';
  echo do_shortcode('[sample]'.$text.'[/sample]');
?>

ウィジェット内でショートコードを使う

ウィジェット内でショートコードを使うには、次のコードが必要な様です。
ただ、私の環境では、このコードを追加しなくても、ウィジェットでショートコードを使うことができました。(なんでだろ。

もしもウィジェット内でショートコードが使えない場合は、次のコードをfunctions.phpに追加してみてください。

functions.php

add_filter('widget_text', 'do_shortcode');

WordPressデフォルトのショートコード

WordPressにはデフォルトのショートコードがあります。
今回、使い方は解説しませんが、参考にしてみてください。

caption イメージにキャプションを付ける。
audio オーディオの埋め込みと再生。
video 動画の埋め込みと再生。
playlist プレイリストを表示する。
embed 埋め込みを囲む。最大サイズを指定する。
gallery ギャラリーを表示する。

まとめ

ショートコードはアイデア次第で様々な機能を追加することができます。
ぜひ面白いアイデアを形にしてみてください。

スポンサードリンク

おすすめの記事♪

RGB

Photoshopを使う上で必要不可欠。RGBとCMYKって何?

人生は山あり谷ありといいますが、下り坂しか無[email protected]_is_Rです。 今回はPhotshopなどのソフトを使う上で必要不可欠となる、RGBやCMYKについて

WordPress

無料で広告なしのWordPressサイトを立ち上げる方法。

猫を飼っています。でも犬派です。何か文句ありますか? …まぁ、最終的に動物全般が好きなんです。爬虫類から哺乳類、鳥類まで好きです。動物を飼って[email protected]_is_Rに送り付けて下さい。

java

【Java】スーパクラス、サブクラスとは?継承について。

猿も木から落ちますが、Rは木から落ちません。だって登らないから。 @It_is_R です。いや、登ろうと思っても登れません。 Javaを使っていると継承という言葉をよく耳にしますよね。どういうも

【アンデッド】新曲、ボカロラップ公開しました。

私はIt is R! ラップ書いたのであーる! おやつはカール! YO! @It_is_Rです。 しばらくブログの更新ができませんでしたが、ようやく更新することができました。 やっと曲作りが

SCSS vs SASS どっちが便利か違いを比較。おまいら SASS 使えよ!

CSS を書くときに、 Sass はもう手放せません。 @It_is_R です。 さて、今回のテーマとなる Sass の表記には、2種類ありますよね。 SCSS と、 SASS です。

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。文字の大きさを設定する。

[email protected]_is_Rです。 今回もFC2ブログの"最強"カスタマイズを始めていこうと思います。 今回は文字の大きさや色など、ブログ内の文字の設定をしていきます

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。背景を変更する。

三度の飯よりも好きなものが多すぎて比較になら[email protected]_is_Rです。 FC2ブログ"最強"カスタマイズ入門講座の続きですね。最強にカスタマイズしていきましょう。 今回は背景色の変更をメインに

Illustratorでオブジェクトを均等に並べる超簡単な2つの方法。

ロゴなどを制作する上でほぼ必要不可欠となっているIllustratorですが、この機能を完全に使い果た[email protected]_is_Rです。 今回は、オブジェクトを均等に並べる方法を

WordPress

WordPressカスタマイズ。テンプレートのファイル構成をチェック。

二兎を追う者は一兎をも得ず。でも、三兎を追えばそのうちの一兎ぐらい得られるんじゃ無いかと[email protected]_is_Rです。やかましいわ。 今回の記事は初のWordPre

wordpress

WordPress – デフォルトで用意されたショートコード一覧と使い方。

昔は WordPress の画面が真っ白になって、頭も真っ白になったこ[email protected]_is_Rです。 WordPress では、プラグインを使ったりしない限り、投稿記事のなかで php


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


Category

Games