WordPress|ショートコードの作り方&使い方。確実に使いこなす為のガイド。

公開 :

前回、WordPressで、特定のカテゴリ一覧を表示する方法について書きました。
改めまして、@It_is_Rです。

特定のカテゴリ一覧を表示したとき、ショートコードというものを使いましたが、今回はこのショートコードについて、詳しく解説していきたいと思います。

ショートコードの基本

では、基本的なショートコードを実際に作ってみましょう。
以下のソースをfunctions.phpに記入してください。

functions.php

function shortcode_func() {
  return "はじめてのショートコード";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページで、次のコードを入力します。

記事の投稿ページ

[sample]

実行結果

はじめてのショートコード

すると、実際の記事には「はじめてのショートコード」と表示されます。
この様に、短いコードで様々な機能を追加できる様になるわけです。

これを応用して、様々な機能を作っていきます。

ショートコードで引数を使う

ショートコードは引数を使うことで力を発揮します。

functions.php

function shortcode_func($arg) {
  extract(shortcode_atts(array(
      'num' => '0'
  ), $arg));
  return "数値は{$num}です。";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページ

[sample]
[sample num=10]

実行結果

数値は0です。
数値は10です。

3行目の’num’ => ‘0’で、初期値を0としておきます。
すると、引数がなかった場合でも、0という数値が表示される様になります。

引数が複数の場合

また、複数の引数を渡すことも可能です。

functions.php

function shortcode_func($arg) {
  extract(shortcode_atts(array(
      'num' => '0',
      'num2' => '0',
      'num3' => '0'
  ), $arg));
  return "数値は{$num}と{$num2}と{$num3}です。";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページ

[sample num=10 num2=15 num3=20]

実行結果

数値は10と15と20です。

コンテンツを囲むタイプのショートコード(囲み型ショートコード)

HTMLなどの様な形の、コンテンツを囲むタイプのショートコードをつくることもできます。

functions.php

function shortcode_func($arg, $content="") {
  return "入力されたテキストは{$content}です。";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_func');

記事の投稿ページ

[sample]サンプル[/sample]

実行結果

入力されたテキストはサンプルです。

この様にコンテンツを囲む形のものも、かなり便利な使い方ができると思いますので、覚えておくといいと思います。

テーマ(テンプレート)内でショートコードを使う

記事の投稿ページからだけでなく、テンプレートのphpファイルでショートコードを使うこともできます。
しかし、ちょっとしたやり方があります。

コンテンツを囲まないタイプ(自己完結型ショートコード)の場合。

<?php echo do_shortcode('[sample]'); ?>

コンテンツを囲むタイプ(囲み型ショートコード)の場合。

<?php
  $text = 'サンプル';
  echo do_shortcode('[sample]'.$text.'[/sample]');
?>

ウィジェット内でショートコードを使う

ウィジェット内でショートコードを使うには、次のコードが必要な様です。
ただ、私の環境では、このコードを追加しなくても、ウィジェットでショートコードを使うことができました。(なんでだろ。

もしもウィジェット内でショートコードが使えない場合は、次のコードをfunctions.phpに追加してみてください。

functions.php

add_filter('widget_text', 'do_shortcode');

WordPressデフォルトのショートコード

WordPressにはデフォルトのショートコードがあります。
今回、使い方は解説しませんが、参考にしてみてください。

caption イメージにキャプションを付ける。
audio オーディオの埋め込みと再生。
video 動画の埋め込みと再生。
playlist プレイリストを表示する。
embed 埋め込みを囲む。最大サイズを指定する。
gallery ギャラリーを表示する。

まとめ

ショートコードはアイデア次第で様々な機能を追加することができます。
ぜひ面白いアイデアを形にしてみてください。

スポンサードリンク

おすすめの記事♪

blender

Blenderで3D美少女キャラの作り方。その9(顎と首を作る)

美少女よりもセクシーなおねえさんが好きです。@It_is_Rです。 いろいろなジャンルの記事を書いてるので、一つのジャンルの記事がおろそかになってしまいそうで怖い。もうなってるか? では、3D

Android Studio でエミュレータを起動してプログラムを実行する方法!

[email protected]_is_Rです。 このままでは人生さえも長続きしないかも知れない。 さて、しばらくぶりになってしまいましたが、今回は Android Studio 2.3.2 を

ピクチャ・イン・ピクチャ

ピクチャ・イン・ピクチャが絵の練習に超便利でヤバスな件について。

ピクチャ・イン・ピクチャでイラストの練習して[email protected]_is_Rです。 macOS Sierra のピクチャ・イン・ピクチャが、イラストの練習に超便利でヤバスなので、紹介させていただこうと思

Android Studio|開発したアプリの実機テストを行う方法。

[email protected]_is_Rです。 やかましいわ。 今回は Android Studio で実機テストする方法を紹介します。 これからアプリ開発をしていく上で必要不可欠な実機テ

wordpress

WordPress – デフォルトで用意されたショートコード一覧と使い方。

昔は WordPress の画面が真っ白になって、頭も真っ白になったこ[email protected]_is_Rです。 WordPress では、プラグインを使ったりしない限り、投稿記事のなかで php

blender

Blenderで3D美少女キャラの作り方。その8(後ろ髪を描く)

モンスターボールって下ネタですか?@It_is_Rです。 はい、いきなり不愉快な思いさせてすいませんでした。 今回はBlenderで作る3D美少女キャラの、第8回目です。 前回は空いた空

Android Studio |アプリ開発の基本とそれぞれのファイルの役割を覚える。

iPhone持ってないみなさん、一緒にAndroidアプリ開発[email protected]_is_Rです。 Androidアプリ開発、5回目となりました。 今回は Android Studio でアプリ

クローバPAGE

【クローバPAGE】知識ゼロでも超簡単にサイトを作れるサービス!!

[email protected]_is_Rです。 しかし、HTMLとか、CSSとかなにそれ?……という感じのひともいるでしょう。 そこで、今回は知識が全くなくても超簡単にWebサイトが作れ

ショートコード

BEMによるCSS設計の方法を解説。命名規則から使い方まで。

[email protected]_is_Rです。 CSSは比較的簡単なものですが、CSS設計をしっかりしておかなければ、余分なコードが多くなったり、後から修正が大変になったりしてこまることにな

bootstrap3

Bootstrap3でサイト制作するための、準備と初期設定。

ゲーム制作は順調にすすんでいます。このまま順調にいけば、今月か来月までには完成できそうで[email protected]_is_Rです。 さて、今回はBootstrap3によるサイト制作の入門講座です。 このBoo


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。




Category

Games