1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. JavaScript
  6. »
  7. JavaScriptマンガ講座。条件分岐(if文)の真偽値による使い方。(実践編)

JavaScriptマンガ講座。条件分岐(if文)の真偽値による使い方。(実践編)

生まれも育ちもド田舎、@It_is_Rです。

JavaScriptマンガ講座、第3回目です。
笑いあり、涙あり(?)のマンガで、JavaScriptを覚えようというものです。

今回は条件分岐について解説していきたいと思います。

前回の講座は、こちらの記事を御覧ください。
JavaScriptマンガ講座。初心者でも痛いほど理解できる変数の使い方。(実践編)

ちなみに、基本編はこちらになります。
JavaScriptマンガ風講座。初心者でも絶対に理解できる入門編!!

オープニング

R

りこ師匠、今日は暴力なしです!!


りこ

おぉっ、いきなり何だ!?


R

別の性癖に目覚めそうなんです!


りこ

はぁ!? バカじゃないの?


R

そんなわけで、JavaScript教えてください!!


りこ

言ってることめちゃくちゃじゃない!! まぁいいわ。今回は条件分岐よ。

キャラクター
【りこ】

JavaScriptにかなり詳しい現役JKギャル。JSは好きだが、JSと言われると怒る。ロリフェイスのくせに。。。

あだ名はジャバスク・りこ。

かなり性格が悪く、口も悪い。
しかし、天然でノリがいいので、からかうと面白い。

近い未来、このブログの管理人であるRによって、JavaScriptで操作されることをまだ知らない。

※JavaScriptで人の思考を直接操作することはできません。

復習

りこ

さて、今回は条件分岐よ!!


R

if文ですね!!


りこ

そう。第1回目ではこんな風に解説したわね。
xと5は、厳密に等しいから、コンソールに文字列が表示されるわけね。

sample.js

let x = 5;
if (x === 5) {
    console.log("xは"+ x +"です。");
}

実行結果

xは5です。

りこ

第1回目で使った比較演算子の表も、復習も兼ねて載せておくわ。

== 等しい
=== 厳密に等しい
!= 等しくない
!== 厳密に等しくない
> 〜よりも大きい
>= 〜以上
< 〜未満
<= 〜以下

真偽値による分岐(trueとfalse)

りこ

じゃあ、このソースを見てみて。

let answer = true;
if(answer) console.log('正解');

実行結果

正解

R

な……何がもしもなのか分からない!!
===も、>=も書いてないじゃないか!!


りこ

そう。これは真偽値によって条件が分岐するプログラムよ。
今回は、trueの時に正解と表示する様に作ってみたわ。


R

なるほど。つまり、if(answer)ってのは、answerがtrueの時という意味になるんですね!!


R

待てよ……、じゃあ、falseの時はどうやって書けばいいんですか?


りこ

answerの前に!をつけると、flaseの意味になるわ。

let answer = false;
if(!answer) console.log('残念');

実行結果

残念

R

へぇー。ってか残念って、りこ師匠の顔じゃないんだから……。


りこ

そうよねー。あたしの顔じゃない……って、てめー、十字架に張り付けるぞ!!(蹴


R

ぎええええぇぇぇっっ!!! あ、もう少しで見えそう……。

次回予告

R

りこ師匠、今回の講座は短いですね。


りこ

第1回目でほとんど解説したしね。


R

次回は何を教えてくれるんですか? ポロリはありますか!?


りこ

まだ未定よ。


R

あるかもしれないと!?


りこ

そうそう、ポロ……って、講座の話だっ!!(蹴 (蹴 (蹴


R

ぎえええええええぇぇぇっっ!!! 別の性癖が目覚めてしまうぅぅぅぅぅ!!!

※この講座は、健全なJavaScript講座です。

この企画の一覧はこちら

  1. JavaScriptマンガ風講座。初心者でも絶対に理解できる入門編!!
  2. JavaScriptマンガ講座。初心者でも痛いほど理解できる変数の使い方。(実践編)
  3. JavaScriptマンガ講座。条件分岐(if文)の真偽値による使い方。(実践編)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

【Gitの使い方 – その4】ブランチを使って履歴を分岐させる方法

エビの殻や、ポテチ、煮干しなどを食べると、必ずと言っていいほど口が血だらけになります。@It_is_Rです。 さて、Gitの使い方4回目の今回は、ブランチについてです。 ブランチは作業を枝分か

【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!

Bootstrap4の使い方、第4回目となりました。 サイトを作っていると必然的に必要になるのがパンくずリストです。 パンくずリストは、サイト訪問者が今どのページにいるのかということを分かりや

WordPress テーマ自作 | Pug ( Jade ) で記事一覧ページを作る方法!

愛と勇気だけが友達の@It_is_Rです。 WordPress テーマ自作シリーズ第五回目です。 今回から、本格的にテーマを作っていきます。 前回の記事はこちらです。 WordPres

WordPress|ショートコードの作り方&使い方。確実に使いこなす為のガイド。

前回、WordPressで、特定のカテゴリ一覧を表示する方法について書きました。 改めまして、@It_is_Rです。 特定のカテゴリ一覧を表示したとき、ショートコードというものを使いましたが、

VCCW

VCCW で、超簡単に WordPress のローカル開発環境を整える方法。

考えすぎて間違った方向へ進む、@It_is_Rです。 WordPress のローカル開発環境を作りたい時、 VCCW を使うと便利です。 今回は、 その方法を紹介します。 VCC

zsh

zsh のインストール方法と、うまく起動しない時の対処法。

かっこいいものが大好きな@It_is_Rです。 そこで今回は、ターミナルをかっこよくする為の方法を、何回かの記事に分けて書いてみたいと思います。 今回、第一回目は zsh ( Z Shell

【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

Bootstrap4の使い方、第7回目です。 トップページなどを見ると、記事の一部が抜粋された記事一覧が表示されているサイトをよく見かけます。 今回はそんな記事一覧ページを作るのに便利な「カー

おみくじゲームを作るべ!

小学生からのプログラミング入門。JavaScriptでおみくじを作ろう!

小学生から始めるプログラミングシリーズです。 この講座ではScratch(スクラッチ)から少しレベルアップして、JavaScriptを使ってプログラミングを行なっていきます。 Scratc

java

【Java】スーパクラス、サブクラスとは?継承について。

猿も木から落ちますが、Rは木から落ちません。だって登らないから。 @It_is_R です。いや、登ろうと思っても登れません。 Javaを使っていると継承という言葉をよく耳にしますよね。どういうも

Local by Flywheel

一瞬でWordPressローカル環境を作成! Local by Flywheelの使い方

考え事をしていると、目が上にいっている@It_is_Rです。 Local by FlywheelはWordPressのローカル開発環境を簡単に作れるツールです。 今回はこれを使って、ローカルに

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。