1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. JavaScript
  6. »
  7. JavaScriptマンガ講座。条件分岐(if文)の真偽値による使い方。(実践編)

JavaScriptマンガ講座。条件分岐(if文)の真偽値による使い方。(実践編)

生まれも育ちもド田舎、@It_is_Rです。

JavaScriptマンガ講座、第3回目です。
笑いあり、涙あり(?)のマンガで、JavaScriptを覚えようというものです。

今回は条件分岐について解説していきたいと思います。

前回の講座は、こちらの記事を御覧ください。
JavaScriptマンガ講座。初心者でも痛いほど理解できる変数の使い方。(実践編)

ちなみに、基本編はこちらになります。
JavaScriptマンガ風講座。初心者でも絶対に理解できる入門編!!

目次
  1. オープニング
  2. 復習
  3. 真偽値による分岐(trueとfalse)
  4. 次回予告

オープニング

R

R

りこ師匠、今日は暴力なしです!!


りこ

りこ

おぉっ、いきなり何だ!?


R

R

別の性癖に目覚めそうなんです!


りこ

りこ

はぁ!? バカじゃないの?


R

R

そんなわけで、JavaScript教えてください!!


りこ

りこ

言ってることめちゃくちゃじゃない!! まぁいいわ。今回は条件分岐よ。

キャラクター
【りこ】

JavaScriptにかなり詳しい現役JKギャル。JSは好きだが、JSと言われると怒る。ロリフェイスのくせに。。。

あだ名はジャバスク・りこ。

かなり性格が悪く、口も悪い。
しかし、天然でノリがいいので、からかうと面白い。

近い未来、このブログの管理人であるRによって、JavaScriptで操作されることをまだ知らない。

※JavaScriptで人の思考を直接操作することはできません。

復習

りこ

りこ

さて、今回は条件分岐よ!!


R

R

if文ですね!!


りこ

りこ

そう。第1回目ではこんな風に解説したわね。
xと5は、厳密に等しいから、コンソールに文字列が表示されるわけね。

sample.js

let x = 5;
if (x === 5) {
    console.log("xは"+ x +"です。");
}

実行結果

xは5です。

りこ

りこ

第1回目で使った比較演算子の表も、復習も兼ねて載せておくわ。

== 等しい
=== 厳密に等しい
!= 等しくない
!== 厳密に等しくない
> 〜よりも大きい
>= 〜以上
< 〜未満
<= 〜以下

真偽値による分岐(trueとfalse)

りこ

りこ

じゃあ、このソースを見てみて。

let answer = true;
if(answer) console.log('正解');

実行結果

正解

R

R

な……何がもしもなのか分からない!!
===も、>=も書いてないじゃないか!!


りこ

りこ

そう。これは真偽値によって条件が分岐するプログラムよ。
今回は、trueの時に正解と表示する様に作ってみたわ。


R

R

なるほど。つまり、if(answer)ってのは、answerがtrueの時という意味になるんですね!!


R

R

待てよ……、じゃあ、falseの時はどうやって書けばいいんですか?


りこ

りこ

answerの前に!をつけると、flaseの意味になるわ。

let answer = false;
if(!answer) console.log('残念');

実行結果

残念

R

R

へぇー。ってか残念って、りこ師匠の顔じゃないんだから……。


りこ

りこ

そうよねー。あたしの顔じゃない……って、てめー、十字架に張り付けるぞ!!(蹴


R

R

ぎええええぇぇぇっっ!!! あ、もう少しで見えそう……。

次回予告

R

R

りこ師匠、今回の講座は短いですね。


りこ

りこ

第1回目でほとんど解説したしね。


R

R

次回は何を教えてくれるんですか? ポロリはありますか!?


りこ

りこ

まだ未定よ。


R

R

あるかもしれないと!?


りこ

りこ

そうそう、ポロ……って、講座の話だっ!!(蹴 (蹴 (蹴


R

R

ぎえええええええぇぇぇっっ!!! 別の性癖が目覚めてしまうぅぅぅぅぅ!!!

※この講座は、健全なJavaScript講座です。

この企画の一覧はこちら

  1. JavaScriptマンガ風講座。初心者でも絶対に理解できる入門編!!
  2. JavaScriptマンガ講座。初心者でも痛いほど理解できる変数の使い方。(実践編)
  3. JavaScriptマンガ講座。条件分岐(if文)の真偽値による使い方。(実践編)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

【Bootstrap 4】ボタングループ使い方。ボタンの一まとめにする方法

Bootstrap4の使い方、第6回目です。 前回、Bootstrap4でのボタンの作り方を紹介しましたが、今回はそのボタンをグループにしてひとまとめにする方法です。 Bootstrapにはボ

WordPressカスタムヘッダーを完璧に使いこなしたい人へ告ぐ!

森の中に昔から住んでる@It_is_Rです。 WordPressのカスタマイズをする上で、カスタムヘッダーを使うと、色やヘッダー画像をWordPressの管理画面から操作できるようになり便利です

ショートコード

BEMによるCSS設計の方法を解説。命名規則から使い方まで。

完璧を求めすぎて、平均以下な@It_is_Rです。 CSSは比較的簡単なものですが、CSS設計をしっかりしておかなければ、余分なコードが多くなったり、後から修正が大変になったりしてこまることにな

WordPress テーマ自作 | Pug ( Jade ) で記事一覧ページを作る方法!

愛と勇気だけが友達の@It_is_Rです。 今回はPugでWordPressテーマを作る方法を少し紹介します。 詳しいテーマの作り方はこちらをご覧ください。 WordPressのテーマを自作

とってもかんたん!iPhoneアプリ開発

SwiftUIでじゃんけんゲームを作ろう。かんたんiPhoneアプリ開発入門

SwiftUIは、2019年にアップルが発表したフレームワークです。 SwiftUIを使って、iPhoneで遊べるじゃんけんゲームを作成してみましょう。 この入門ではXcodeを使いますので、

webpack-dev-serverの基本的な使い方と設定方法の詳しい解説

あとで見ようとブラウザのタブを開きすぎて、どれがどれだか分からなくなる@It_is_Rです。 webpack-dev-serverを使えば、とても簡単にwebpackでの開発サーバーを立ち上げる

Bootstrap 4によるボタンの作り方。色やサイズなどの指定方法!

Bootstrap4の使い方、第5回目となりました。 Bootstrapの機能のひとつとして、クラスを組み合わせて指定するだけで、色々なボタンが作れます。 今回はBootstrap4を使ったボ

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。ブログ全体の幅を変更。

現実社会では殆ど言葉を発しない@It_is_Rです。だって、厄介なことになりたくないじゃん。 今回も前回に引き続き、FC2ブログカスタマイズの記事です。前回、ヘッダーのサイズを変更しましたが、ブ

Scratchでピアノを 作ってみよう!

Scratchでピアノ鍵盤を作って音を鳴らそう! 小学生からのプログラミング入門

小学生から始めるScratch入門です。 前回はじゃんけんゲームを作りました。 今回はピアノの鍵盤を作って、音を鳴らしてみましょう。 プロローグ [serif icon="aru-s.jpg"

Homebrew

Homebrewの使い方。よく使うコマンド一覧と詳しい解説まとめ

※追記 この記事は2018/04/30に最新の情報に書き直しました。 人生をもう一度やり直したいとつくづく思う@It_is_Rです。 今回はHomebrewについての記事を書いて

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です