1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. JavaScript
  6. »
  7. JavaScriptマンガ講座。条件分岐(if文)の真偽値による使い方。(実践編)

JavaScriptマンガ講座。条件分岐(if文)の真偽値による使い方。(実践編)

生まれも育ちもド田舎、@It_is_Rです。

JavaScriptマンガ講座、第3回目です。
笑いあり、涙あり(?)のマンガで、JavaScriptを覚えようというものです。

今回は条件分岐について解説していきたいと思います。

前回の講座は、こちらの記事を御覧ください。
JavaScriptマンガ講座。初心者でも痛いほど理解できる変数の使い方。(実践編)

ちなみに、基本編はこちらになります。
JavaScriptマンガ風講座。初心者でも絶対に理解できる入門編!!

オープニング

R

りこ師匠、今日は暴力なしです!!


りこ

おぉっ、いきなり何だ!?


R

別の性癖に目覚めそうなんです!


りこ

はぁ!? バカじゃないの?


R

そんなわけで、JavaScript教えてください!!


りこ

言ってることめちゃくちゃじゃない!! まぁいいわ。今回は条件分岐よ。

キャラクター
【りこ】

JavaScriptにかなり詳しい現役JKギャル。JSは好きだが、JSと言われると怒る。ロリフェイスのくせに。。。

あだ名はジャバスク・りこ。

かなり性格が悪く、口も悪い。
しかし、天然でノリがいいので、からかうと面白い。

近い未来、このブログの管理人であるRによって、JavaScriptで操作されることをまだ知らない。

※JavaScriptで人の思考を直接操作することはできません。

復習

りこ

さて、今回は条件分岐よ!!


R

if文ですね!!


りこ

そう。第1回目ではこんな風に解説したわね。
xと5は、厳密に等しいから、コンソールに文字列が表示されるわけね。

sample.js

let x = 5;
if (x === 5) {
    console.log("xは"+ x +"です。");
}

実行結果

xは5です。

りこ

第1回目で使った比較演算子の表も、復習も兼ねて載せておくわ。

== 等しい
=== 厳密に等しい
!= 等しくない
!== 厳密に等しくない
> 〜よりも大きい
>= 〜以上
< 〜未満
<= 〜以下

真偽値による分岐(trueとfalse)

りこ

じゃあ、このソースを見てみて。

let answer = true;
if(answer) console.log('正解');

実行結果

正解

R

な……何がもしもなのか分からない!!
===も、>=も書いてないじゃないか!!


りこ

そう。これは真偽値によって条件が分岐するプログラムよ。
今回は、trueの時に正解と表示する様に作ってみたわ。


R

なるほど。つまり、if(answer)ってのは、answerがtrueの時という意味になるんですね!!


R

待てよ……、じゃあ、falseの時はどうやって書けばいいんですか?


りこ

answerの前に!をつけると、flaseの意味になるわ。

let answer = false;
if(!answer) console.log('残念');

実行結果

残念

R

へぇー。ってか残念って、りこ師匠の顔じゃないんだから……。


りこ

そうよねー。あたしの顔じゃない……って、てめー、十字架に張り付けるぞ!!(蹴


R

ぎええええぇぇぇっっ!!! あ、もう少しで見えそう……。

次回予告

R

りこ師匠、今回の講座は短いですね。


りこ

第1回目でほとんど解説したしね。


R

次回は何を教えてくれるんですか? ポロリはありますか!?


りこ

まだ未定よ。


R

あるかもしれないと!?


りこ

そうそう、ポロ……って、講座の話だっ!!(蹴 (蹴 (蹴


R

ぎえええええええぇぇぇっっ!!! 別の性癖が目覚めてしまうぅぅぅぅぅ!!!

※この講座は、健全なJavaScript講座です。

この企画の一覧はこちら

  1. JavaScriptマンガ風講座。初心者でも絶対に理解できる入門編!!
  2. JavaScriptマンガ講座。初心者でも痛いほど理解できる変数の使い方。(実践編)
  3. JavaScriptマンガ講座。条件分岐(if文)の真偽値による使い方。(実践編)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

zplug を使ってプラグインをインストール、管理する。

二つのことを同時にできない、@It_is_Rです。 今回はターミナルをかっこよくするシリーズ、第三回目です。 zplug を使って、プラグインをインストールする方法を紹介します。

【Bootstrap 4】記事一覧ページなどで使える「カード」の使い方

Bootstrap4の使い方、第7回目です。 トップページなどを見ると、記事の一部が抜粋された記事一覧が表示されているサイトをよく見かけます。 今回はそんな記事一覧ページを作るのに便利な「カー

Homebrew

Homebrewのインストール&使い方。すぐに使える詳しい解説!

※追記 この記事は2018/04/30に最新の情報に書き直しました。 人生をもう一度やり直したいとつくづく思う@It_is_Rです。 今回はHomebrewについての記事を書いて

scratch

小学生から始めるScratch入門。使い方とゲーム開発の基礎知識

小学生から始めるプログラミング入門です。 前回の記事で、プログラミングってどういうものなのか何となく理解してもらえたでしょうか? 少しだけScratch(スクラッチ)についてもふれましたが、ま

【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。

ボタンを作る基本中の基本ですが、ボタンを作ること自体が基本中の基本です。@It_is_Rです。 タイトルなんてどうだっていいんです。肝心のなのは真心です。 Androidアプリ開発、7回目とな

Dockerでよく使うコマンドとオプション、その使い方を徹底解説!

人生に意味は求めない。それよりもDockerのコマンドの意味を理解する方が重要です。@It_is_Rです。 Dockerにはたくさんのコマンドがありますが、まずはよく使うコマンドを覚えていきまし

wordpress

WordPress – デフォルトで用意されたショートコード一覧と使い方。

昔は WordPress の画面が真っ白になって、頭も真っ白になったこともありました。@It_is_Rです。 WordPress では、プラグインを使ったりしない限り、投稿記事のなかで php

ショートコード

BEMによるCSS設計の方法を解説。命名規則から使い方まで。

完璧を求めすぎて、平均以下な@It_is_Rです。 CSSは比較的簡単なものですが、CSS設計をしっかりしておかなければ、余分なコードが多くなったり、後から修正が大変になったりしてこまることにな

enchant.js

enchant.js でクラスを作る、激分かりやすい方法!

こんばんわ、ちょっと海外へ行っておりました@It_is_Rです。 前回までの enchant.js の記事で、画像の表示やキャラの移動など、ゲーム制作には欠かせない基礎知識が身についたのではない

【 WordPress 】functions.php で色んな機能を使ってみよう!【基本】

馬鹿は風邪を引かないといいますが、どうやら引いたようです。@It_is_Rです。 ちなみに、「馬鹿は風邪を引かない」ということわざは、「馬鹿は風邪を引いても気がつかない」という例えだって知ってました

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。