1. HOME
  2. »
  3. ミニハウツー
  4. »
  5. パソコン・Mac
  6. »
  7. 基礎知識
  8. »
  9. 2進数の足し算と引き算のやり方

2進数の足し算と引き算のやり方

コンピュータの中の世界では2進数が使われており、もちろん2進数も、10進数と同じように、足し算や引き算などの演算を行なうことができます。

今回は2進数の足し算と引き算の方法を紹介していきます。

目次
  1. 2進数の足し算のやり方
  2. 2進数の引き算のやり方
  3. まとめ

2進数の足し算のやり方

まず、2進数の足し算をしてみましょう。
今回は「1001+1101」という足し算を例に、行なってみたいとおもいます。

方法は、10進数の足し算とよく似ています。

1桁目は、1+1=10となり、繰り上がります。
2桁目では、0+0=0ですが、1桁目で繰り上がりがあるので、1となります。
3桁目では、0+1=1で、繰り上がりはないので、1です。
4桁目では、1+1=10となります。

よって、「1001+1101」の答えは「10110」となります。

2進数の引き算のやり方

づづいて、2進数の引き算のやり方を見ていきましょう。
今回は「1100-1001」という引き算を行なってみます。

やり方は、10進数の引き算とよく似ています。

1桁目は、0-1ですので、繰り下がりがあります。しかし、2桁目も0ですので、3桁目から借りてきます。すると2桁目は10進数でいう2となりますが、1桁目に貸してあげますので1となり、そして1桁目は2になります。そこから1を引きますので、1桁目は1になります。

2桁目は、1-0=1となります。

よって、「1100-1001」の答えは「11」になります。

まとめ

今回は2進数での足し算と引き算の方法を紹介しました。

方法は10進数の筆算とほとんど同じです。ただ、1+1=10であること、そして上の桁から借りたときは、10進数でいう2になることにご注意ください。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

Macで隠しファイル(隠しフォルダ)を表示する方法

Macのさまざまなツールは、設定を隠しファイルによって行なうことが多いです。しかし、デフォルトの状態では、隠しファイルや隠しフォルダが非表示になっていますので、戸惑ってしまうかもしれません。

2進数から10進数に変換するための計算方法

私たちが普段使っている数字は10進数ですが、コンピュータの中の世界では、2進数が使われています。10進数に慣れている私たちは、2進数を見たときに、パッとどれくらいの数なのかを把握するのはむずかしいの

10進数から2進数に変換するための計算方法

私たちは普段、10進法を使って日々生活しています。10進法はみなさんもこれまでずっと使ってきたので、数字を言われればすぐに、どれだけの量なのかがすぐに分かると思います。 しかし、コンピュータの

Windowsでコマンドプロンプトを開く方法

Windows《ウィンドウズ》でコマンドを実行したいとき、コマンドプロンプトを開く必要《ひつよう》があります。 コマンドというのは、コンピュータに対してのお願《ねが》いのことです。あれをやって

Windows11でダークモードとライトモードを切り替える方法

普段から画面ばかりを見ている私にとって、目の疲れは悩みのひとつです。そんなときは、Windows11のダークモードを試してみましょう。 今回はWindows11でダークモードとライトモードを切

Macのコンピュータ名とホスト名を変更する方法

Macのコンピュータ名やホスト名が、ちょっと気に入らないな、と思うことがあります。 Macではデフォルトで、コンピュータ名が「〜のMacBook Air」、ホスト名が「〜noMacBook-A

Macでターミナルを開く方法

Mac《マック》でコマンドを使《つか》いたいとき、ターミナルを開《ひら》く必要《ひつよう》があります。 ターミナルというのは、Windows《ウィンドウズ》のコマンドプロンプトと同じようなもの

Windows11で既定のブラウザをEdgeからChromeに変更する方法

Windowsではデフォルトで既定のブラウザがEdgeになっています。しかし、Windows11からこの既定のブラウザを変更するのが、少々大変になりました。 私自身もここで戸惑ったので、その方