1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. CSS
  6. »
  7. 【 gulp 】 超便利! Sass で Normalize.css などをインポートする方法。

【 gulp 】 超便利! Sass で Normalize.css などをインポートする方法。

ふと立ち上がった瞬間に、ホットマットを猫に奪われる@It_is_Rです。
全然どいてくれない。

今回は gulp を使って、 Sass ファイルから Normalize.css などをインポート(読み込む)する方法を紹介します。

通常、Sass で CSS をインポートしても 外部から CSS を読み込む形(@import url(…)みたいな形)になってしまいます。
今回やりたいのは、 Sass のコンパイル後に CSS のソースも一緒に組み合わせたいわけです。

目次
  1. Normalize.css や sanitize.css をインストール
  2. gulp-postcss と、postcss-import を使う
  3. まとめ

Normalize.css や sanitize.css をインストール

まず、 Normalize.css や sanitize.css をインストールしてみましょう。

Normalize.css

Normalize.css のインストールです。

$ npm install --save normalize.css

sanitize.css

sanitize.css のインストールです。

$ npm install --save sanitize.css

gulp-postcss と、postcss-import を使う

Sass で CSS をインポートする方法として、今回は gulp-postcss と、postcss-import を使おうと思います。

インストール

インストールは以下のコマンドです。

$ npm install --save-dev gulp-postcss postcss-import

gulpfile.js

gulpfile.js は以下のようにします。

'use strict';

const
gulp			= require('gulp'),
sass			= require('gulp-sass'),
postcss		= require("gulp-postcss"),
cssImport		= require("postcss-import");

gulp.task('sass', () => {
	const plugins = [
		cssImport({
			path: [ 'node_modules' ]
		})
	];
	return gulp.src('theme/src/sass/**/*.sass')
	.pipe(sass())
	.pipe(postcss(plugins))
	.pipe(gulp.dest('vccw/wordpress/wp-content/themes/mytheme'));
});

読み込む( @Import )

では、 Sass ファイルから CSS を読み込んでみましょう。
npm でインストールしたものは、node_modules フォルダに追加されていきますが、これを使えばいちいち ../../node_modules/ とか入力する必要もありません。

style.sass

//好きなものをインポートしてください。
@import "normalize.css/normalize.css"
@import "sanitize.css/sanitize.css"

まとめ

Normalize.css や sanitize.css を使いたいと思っても、インポートがうまくできずに困ったという人もいたのではないでしょうか。
今回は Sass から CSS ファイルをインポートする方法を紹介しました。この記事が誰かのお役にたてればと思っております。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

【Android Studio】レイアウト( Layout )の種類を覚えよう!

服に膝を入れるのが癖です。@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、9回目となりました。 さて今回は、ボタンやテキストのレイアウトを整える方法を、解説していきたいと思います。

キーボードで画像を動かすよ!

小学生からのJavaScript入門。キー入力でキャラを動かしてみよう!

小学生からのJavaScript入門講座(にゅうもんこうざ)、第4弾です。 前回はHTMLでりこちゃんの画像を表示し、クリックすると前に一歩動くというのをJavaScriptで作りました。 J

【Bootstrap 4】badgeを使ってテキスト横に小さな文字を入れる方法

前にBootStrap4の記事を書いていましたが、日にちが空いてしまいましたね。@It_is_Rです。 前回は全体的な機能とアラートの使い方を紹介しました。 今回はバッジの使い方を紹介していき

【Bootstrap 4】ボタングループ使い方。ボタンの一まとめにする方法

Bootstrap4の使い方、第6回目です。 前回、Bootstrap4でのボタンの作り方を紹介しましたが、今回はそのボタンをグループにしてひとまとめにする方法です。 Bootstrapにはボ

【Gitの使い方 – その5】リモートリポジトリ(GitHub)へPushしてみよう!

現在、新曲熱意制作中の@It_is_Rです。 さて、Gitの使い方5回目の今回は、GitHubのリモートリポジトリを作成し、そこにローカルリポジトリをPushする方法を紹介します。 [se

小学生から始めるプログラミング入門。プログラミングってなぁに?

2020年から小学校でプログラミングが必修(ひっしゅう)となりますが、「プログラミングなんてやったことないし、何から初めていいのか分からない」といった方も多いのではないでしょうか。 プログラミン

【Android Studio】TextView 文字の色やサイズ、書体を変更する方法。

サイズは大きいほど、押しがいがあります。@It_is_Rです。 スマホのボタンの話ですよ。何を考えてたんですか? Androidアプリ開発、8回目となりました。 今回はこれまでに学習した T

Macで「デフォルトシェルはzshになったよ」と表示されるときの対処法

MacOSをアップデートしてから、ターミナルを開くたびに、「The default interactive shell is now zsh.」というメッセージが表示されるようになりました。 こ

webpack-dev-serverの基本的な使い方と設定方法の詳しい解説

あとで見ようとブラウザのタブを開きすぎて、どれがどれだか分からなくなる@It_is_Rです。 webpack-dev-serverを使えば、とても簡単にwebpackでの開発サーバーを立ち上げる

zplug を使ってプラグインをインストール、管理する。

二つのことを同時にできない、@It_is_Rです。 今回はターミナルをかっこよくするシリーズ、第三回目です。 zplug を使って、プラグインをインストールする方法を紹介します。

コメントをどうぞ!(コメントは承認後に反映されます)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です