1. HOME
  2. »
  3. DTM
  4. »
  5. 初心者でも分かりやすいボカロを使ったDTM講座!(コード編 その2)

初心者でも分かりやすいボカロを使ったDTM講座!(コード編 その2)

しばらく病気にかかっていたRです。
うん、39.7度出た。。。このまま死ぬんじゃないかと思いました。

もし死んでたら、今夜あたりにあなたの枕元に立っていたことでしょう。よかったね!

今は体調も回復してきているので、今回はコードのテクニック解説の続きといきたいと思います。

今回もギャグ満載でいきましょう。ツッコミはOKです。股を広げて待ってます!
ではでは、初めていきましょう。

ちなみにこの記事は、初心者でも分かりやすいボカロを使ったDTM講座!(コード編 その1)の続きとなっております。

目次
  1. これを使うとカッコいい!!借用和音!!
  2. 借用和音をもっと進化、ツーファイブ!!
  3. 曲の終わりにsus4を入れるとカッコイイ!!
  4. メロディのようなコード進行クリシェ!!

これを使うとカッコいい!!借用和音!!

借用和音を使うと、なかなかカッコイイ曲になります。

前回の記事で、ハ長調やイ短調の和音について学びました。その基礎となるコードはC,Dm,Em,F,G,Am,Bm(♭5)でしたね。
じゃあこれ以外のコードを使いたい時、どうすればいいんだろう。
そうだ、別の調の和音からパクればいいんだ!

これぞ借用和音だ!別の調の和音を使ってみよう。

借用和音は他の調から和音を借りてくることです。

では、この楽譜を見てください。

コード進行
コード進行

音はこんな感じになっております。
ちょっと音が高すぎて聞き取りにくかったので、楽譜よりも1オクターブ音を下げています。

どうでしょうか、ちょっとカッコイイでしょ?

楽譜を見てください。たまに#とか♭がある和音がありますね。これが借用和音です。

借用和音は5つ下の和音に進む!

では、このコード進行の解説をしていきましょう。

4小節目、5小節目を見てください。

Am→A7→Dm

という進行になっています。このA7というのが借用和音な訳ですね。

さて、前回勉強した、トニック、ドミナント、サブドミナントを覚えているでしょうか?
ドミナントの後はトニックに進むことが多いんでしたよね。そして、ドミナントはトニックから数えて5番目のコード。

つまり、5つ下に下がるコード進行はとても安定して聞こえるのです。なのでここで出てくる「A7」は「Dm」をトニックとしてみたときのドミナント。
つまり、一時的に転調している訳です。これが借用和音を使うコツです。

そう考えて見てみると、すべての借用和音の後が、5つ下の和音になっていることが分かります。分かりますというか、自分が作ってますけど。。。

借用和音は7thにするのがベスト!!

4小節目、5小節目をもう一度見てください。

Am→A7→Dm

借用和音が7thになっていますね。ドミナントは7thにするとさらにトニックへ進みたくなるのです。
借用和音は一時的な転調なんで、7thを使ったほうが、スムーズに元の調に戻ることができるわけです。

借用和音をもっと進化、ツーファイブ!!

次はツーファイブを使ったコード進行を見てみましょう。

「なんだ?ツーファイブって、シックスナインみたいなもんか?」

いやいや、違います。ツーファイブは性行為ではありません!!
まぁ、とても面白くない冗談はさておいて。

ツーファイブってなんだ?

ツーファイブは、トニックから数えて2番目、5番目、そしてトニックに戻るコード進行のことです。
ちなみにここでいうトニックとは、借用和音上でのトニックだったりもします。

説明するのは難しいので、実際に例を見てみましょう。

コード進行
コード進行

音はこんな感じです。こちらも楽譜よりも1オクターブ低い音になっています。

楽譜の2小節目、6小節目は借用和音です。
じゃあ、シックスナイ……間違えた、ツーファイブはどこにあるのでしょうか?

答えは7小節目と8小節目です。

借用和音とどう違うのでしょうか?

まず8小節目、Gの音ですね。
ではここで、Gの曲に使われる基本の和音を紹介しましょう。

G、Am、Bm、C、D、Em、F#m(♭5)です。

では7小節目の最初の音を見てください。これはAm7の音。
別の和音から和音をパクってくるときは、7thにするのがベストなんでしたよね!
そう、このAm7という和音はGから数えて2番目の音。

では7小節目の後半の音はなんでしょうか?
そうです。D7ですね。この音はGから数えて5番目の音。

そして8小節目にGに解決する。
これがツーファイブです。2→5→1という進行なんですね。

ツーファイブも一時的な転調だったりもします。このトニックでない和音をトニックとして考える。
これがカッコイイ!!ツーファイブ進行を作るコツです。

曲の終わりにsus4を入れるとカッコイイ!!

曲の終わりにsus4を入れるというテクニックをご紹介します。
実は自分がかなり好きなコード進行なんですよね。。。

sus4を使った曲の終わらせ方

では早速。

コード進行
コード進行

5小節目の音を聞いてください!

どうでしょうか。5小節目の音が、Asus4となっています。

F→G→E7→Am→G→Asus4→Am

この最後のAsus4→Amがsus4を使ったカッコイイ曲の終わらせ方です。

メロディのようなコード進行クリシェ!!

ではクリシェをご紹介します。
このクリシェを使うと、コード進行に動きが出ます。

クリシェとは、和音に含まれる音が半音ずつや全音ずつ、順番に上がったり下がったりしてコードに動きを出す技です。

まずは順番に上がっていくクリシェ

では、順番に上がっていくクリシェを紹介したいと思います。

コード進行
コード進行

音はこちらになります。

和音の一番上の音を見てください。
半音ずつ順番に上がっていってますね。これこそがクリシェです。

C→Caug→C6→C7

というコード進行になっています。

逆に下がっていくクリシェ

じゃあ、別のクリシェを紹介しましょう!
逆に下がっていくクリシェです。

コード進行
コード進行

「全く逆になっただけじゃないか!」ってじゃかあしいわ!!

まぁ、音はこちらです。

という感じです。
まぁ、逆になっただけですから、

C7→C6→Caug→C

というコード進行ですね。

違う和音を組み込んでみよう!

今まではCコードを基にした和音ばかりでしたが、ここでは違う和音を組み込んでみましょう。

コード進行
コード進行

音はこちらです。

最後の和音にご注目ください。
最初はAを基本とした和音だったのに、最後だけEmになってます。
こういったクリシェ進行の作り方もあるわけです。

コード進行は

Asus4→Aaug→Am6→Em

となっています。
この進行は、和音の真ん中の音が半音ずつ下がるパターンです。(最後だけ一番下)

気がついたかな?これもクリシェだ!!

さて、お気づきになった人もいるかもしれません。

一番最初の借用和音の楽譜を見てくださいな。
というか、もう一回表示しておきます。

コード進行
コード進行

このコード進行……なんと、クリシェが使われています。

13小節目〜17小節目の和音を見てください!

なんと一番上の音が、半音ずつ上がっていっていますね。
これぞこれもクリシェなんです。気がついたかな?

というわけで、今回はこの辺にしておきましょうかね。
次回の作曲講座はそろそろ初音ミクを使ったメロディー編といきたいですね。。。

じゃあね!

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

compose

作曲で悩んでいる人の為の、自然で美しいメロディ考え方のコツ

作曲をする時、なかなかいいメロディが浮かばずに悩むことはありませんか? 綺麗なメロディを作るにはちょっとしたコツがあります。 このコツさえ掴めば、誰でも簡単に美しく自然なメロディを作ることがで

compose

初心者でも分かりやすいボカロを使ったDTM講座!(コード編 その1)

初心者の人でも必ず作曲が出来る!そんな方法を教えちゃいます! 今回は、『コード』そして『コード進行』について学びます。 次回の記事以降で、メロディについて学び、実際に初音ミクに歌ってもらい

compose

初心者でも分かりやすいボカロを使ったDTM講座!(メロディ編)

さて、ようやくメロディ編となりました。 メロディの作り方を中心的に解説していきたいと思います。 ちなみに前々回の作曲講座で書いた歌詞を覚えているでしょうか? 「僕が便所を掃除していると、君は

vocaloid5

VOCALOID5と桜乃そらを購入したので、実際に歌ってもらってみたよ

VOCALOID5の発売から数ヶ月が経ちましたが、今更ながら購入しました。おいおい。@It_is_Rです。 今回はVOCALOID5と桜乃そらを使用した感想を書いてみたいと思います。

パクって作る作曲講座!

パクって作る作曲講座。おまいらにパクリの技術を伝授してやろう

パクリなのか、リスペクトなのか……@It_is_Rです。 今回は作曲講座的なものをやってみたいと思います。 名付けて、パクって作る作曲講座です。 歌詞をパクる 私は作曲をすると

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。