1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. CSS
  6. »
  7. Google Fontsの使い方。サイトをカッコよくしよう。

Google Fontsの使い方。サイトをカッコよくしよう。

Webページを作るのは結構好きな@It_is_Rです。

WordPress、もしくは他のホームページやブログをやっていると、フォントを変えたいなと思うことも多いと思います。
そこで、Google Fontsを使ってみましょう。Google Fontsは、厄介な登録もなく、簡単に使うことができます。

今回はGoogle Fontsを使う方法をご紹介します。

 icon-eye Google Fontsについて。
Google Fontsを使うと、簡単にWebページにカッコいいフォントを使うことができます。
しかし、日本語フォントが少ないこと、フォントの読み込みには時間がかかることを考えると、英語でWebページをデザインしたい時のみ使用すると効果的にWebページをカッコよくできると思います。

Google Fontsからフォントを探す。

まず、Google Fontsから、自分の好きなフォントを探してみましょう。
Google Fontsのページはこちらです。
Google Fonts

フォントの検索。

では、まずフォントを検索する方法です。
フォントの検索は、ウィンドウ左端のこの画面から検索できます。しかし、この検索はフォントの名前が分からないと検索のしようがありませんね。
Google Fonts

フォントを絞り込む。

その場合は、フォントを絞り込むことができます。
「All categories」の右側にある▼をクリックしてみましょう。すると、どのようなフォントが欲しいのか選択できるようになります。
Google Fonts

また「Thickness」「Slant」「Width」で、「太さ」「傾斜」「横幅」を絞ることができます。
これらの設定は、「Resrt all filters/search」で解除することができます。

フォントを選ぶ。

では、続いてフォントを選んでいきましょう。
Google Fonts

フォントの表示方法を変える。

上部にあるタブから、表示方法を切り替えることができます。
google-fonts5

「Word」を選択した場合、ほぼ単語ごとの表示を確認することができます。
「Sentence」を選択した場合、1つの文が表示されます。
「Paragraph」を選択した場合、文章が表示されます。
「Poster」を選択した場合、フォントの名前が、ロゴのようにそのフォントで表示されます。

また、「Word」「Sentence」「Paragraph」を選択した場合は、表示させる内容を切り替えることができます。
「Preview Text」と書かれた部分の▼をクリックすると一覧が表示されます。
Google Fonts

「Enter your own text」を選択すると、枠内に自分が入力したテキストを表示させることができます。
「Font Name」を選択すると、フォントを名前がそのフォントで表示されます。
「Grumpy wizards make toxic brew for the evil Queen and Jack.」を選択すると、この文章が表示されます。
「The quick brown fox jumps over the lazy dog.」も同じで、この文章が表示されます。
「AaBbCcDdEeFfGgHhIiJjKkLlMmNnOoPpQqRrSsTtUuVvWwXxYyZz 0123456789」は、Aからzまでと数字が表示されます。

実際にフォントを使う。

いよいよ実際にフォントを使ってみようと思います。

それぞれのボタンの機能について。

それぞれのフォントの覧に、このようなボタンがあると思います。
ちなみにこのボタンは「Sentence」を選択している状態のものです。選択しているタブによって、①が無かったりします。
Google Fonts

①(See all styles)は、下の画像の様にすべてのフォントスタイルを表示させることができます。
Google Fonts
②(Quick-use)をクリックすると、そのフォントをすぐに使い始めることが可能です。使い方は後ほど解説する「コードをページに貼付ける」を見てください。
③(Pop out)をクリックすると、さらにフォントを内容を詳しく、別ウィンドウで確認することができます。
④をクリックすると、そのフォントをとりあえず保存しておくことができます。ここで保存しておいて、後でまとめて確認したり使うことができます。

フォントを選び、コレクションに追加する。

先ほどの画像の④をクリックすることで、そのフォントをコレクションに追加することができます。
すると画面下部のCollectionに入っていきます。使いたいフォントを選び、もし使わないフォントがあれば、右端の×ボタンで削除します。
Google Fonts

「Use」をクリックすると、選んだフォントをすべて使うことができます。
すると、フォントの選択や貼付ける為のコードが表示されます。

コードをページに貼付ける。

表示された画面で、使いたいフォントを選択します。
Google Fonts

画面をしたにスクロールさせると、コードが表示されます。
Google Fonts

この「3. Add this code to your website:」と書かれた部分のコードをコピーして、自分のWebページの、<head>と</head>の間に貼付けます。
その後、「4. Integrate the fonts into your CSS:」の部分をコピーして、自分のWebページのCSSに貼付けます。

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

【Android Studio】アプリ開発の基本とそれぞれのファイルの役割を覚える。

iPhone持ってないみなさん、一緒にAndroidアプリ開発しましょう。@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、5回目となりました。 今回は Android Studio でアプリ

【Bootstrap 4】パンくずリスト(Breadcrumb)を作ってみよう!

Bootstrap4の使い方、第4回目となりました。 サイトを作っていると必然的に必要になるのがパンくずリストです。 パンくずリストは、サイト訪問者が今どのページにいるのかということを分かりや

WordPress | ツイート数やシェア数付きのSNSシェアボタンを自作しよう!

最近SNSシェアボタンを作り直した@It_is_Rです。 せっかく作ったんだから、シェアするのだよ、みんな。 そこで今回は、Twitter や Facebook、GooglePlus、はてな

WordMove | 運用中の WordPress 環境をローカルと FTP で同期

道が覚えられない、@It_is_Rです。 人生さえ彷徨い続けてここにいます。 さて、運用中の WordPress サイトの環境を、ローカル開発環境と同期したい時、 WordMove を使うとと

【 Bootstrap 4 】全体的な機能の解説と、Alert の使い方。

頭がお花畑の@It_is_Rです。 今回からは Bootstrap 4 の使い方について、詳しく書いていこうと思います。 このシリーズの、前回の記事はこちらです。 Bootstrap 4 を

enchant.js

enchant.js でキャラクターのアニメーションを作ってみよう

前回の記事では、キャラが移動する時のアニメーションがありませんでした。 突っ立ったまま進んで行く、まるで幽霊の様な状態です。 これでは、キャラが生きてるのか死んでるのか分からない! というこ

【Bootstrap 4】ボタン(btn)の作り方。色やサイズなどの指定方法!

Bootstrap4の使い方、第5回目となりました。 Bootstrapの機能のひとつとして、クラスを組み合わせて指定するだけで、色々なボタンが作れます。 今回はBootstrap4を使ったボ

zsh

enhancd で cd コマンドを超便利に! インストールと使い方。

曲を作っても、再生数が伸びない。@It_is_Rです。 やかましいわ。 ターミナルをカッコよくするシリーズ4回目です。 今回は enhancd というプラグインを使って cd コマンドを便利

【Gitの使い方 – その3】Gitで実際にバージョン管理してみよう!

お魚くわえた@It_is_Rです。 Gitの使い方第3回目の今回は、実際にGitを使ってバージョン管理をしてみようと思います。 [serif name="It is R"]りこ師匠

【Android Studio】TextView を使ってテキストを変更、追加する方法。

TextViewの文字列を変更するより、これまでの人生を変更したい@It_is_Rです。 Android Studioを使ったアプリ開発講座6回目です。 今回はアプリに表示されたテキストを変更

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。