1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. JavaScript
  6. »
  7. ゲームに背景画像を表示する方法!( enchant.js )

ゲームに背景画像を表示する方法!( enchant.js )

こんばんわ、@It_is_Rです。
ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。

今回は、 enchant.js を使った横スクロールアクションゲームの背景を表示してみようと思います。
空と地面の表示となります。これだけで一気に雰囲気が出るものです。

ちなみに知っていますか?
背景をモザイクにすると、とてもエ○い!

この記事は、 enchant.js でキャラクターのアニメーションを作ってみようの続きとなっております。

まずは前回までのおさらい

前回、キャラクターのアニメーションを作りました。そのおさらいです。

前回までのソースを見てみよう

今回の内容も、前回までに作ったソースを編集していくパターンなので、前回のソースを確認しておきます。
下のソースを編集していきます。

enchant();

window.onload = function() {
	var game = new Game(320,320);
	game.preload('player.png','apad.png');
	game.fps = 15;
	game.onload = function() {
		var playerSprite = new Sprite(51,55);
		playerSprite.x = (game.width/2)-(playerSprite.width/2);
		playerSprite.y = (game.height/2)-(playerSprite.height/2);
		playerSprite.image = game.assets['player.png'];
		game.rootScene.addChild(playerSprite);
		
		/***アナログパッドの表示***/
		var pad = new APad();
		pad.x = 20;
		pad.y = 220;
		game.rootScene.addChild(pad);
		
		playerSprite.addEventListener('enterframe', function() {
			var speed = 14;
			this.frame = 1;
			
			/***プレイヤーの移動(キー操作)***/
			if (game.input.left) {
				this.x -= speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.right) {
				this.x += speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.up) {
				this.y -= speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.down) {
				this.y += speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			}
			
			/***プレイヤーの移動(アナログパッド操作)***/
			if (pad.isTouched) {
				this.x += pad.vx * speed;
				this.y += pad.vy * speed;
				if (Math.abs(pad.vx) < 0.5) {
					if (this.age%8 < 4) this.frame = 0;
					else this.frame = 1;
				} else this.frame = this.age%2+2;
			}
			
		});
	}
	game.start();
}

テストプレイ画像

ソースの内容を大まかに

前回までに作ったプログラムは大まかに、

①キャラクターの表示
②キーボードによるキャラクターの移動
③アナログパッドによるキャラクターの移動
④キャラクターのアニメーション

の4つです。

では、背景画像を表示してみましょう。

背景画像を表示する

背景画像を表示したいのですが、その前に表示する背景画像を用意しなくてはなりません。

表示する背景画像を用意する

今回は空画像と、地面の画像を用意しました。

こちらが空画像となります。

空画像

こちらが地面の画像となります。

地面画像

地面が見方によって違う物に見えるとか言わない約束で。

背景画像を表示するプログラム

それでは、このプログラムに背景を表示するプログラムを追加していきます。

まずは、画像を読み込むので、
game.preload('player.png','apad.png');
を変更し、
game.preload('player.png','apad.png','sky.png','ground.png');
とします。

次に、game.onload = function() {}の中に、以下のソースを貼り付けます。

var sky = new Sprite(320,320);
sky.image = game.assets['sky.png'];
sky.x = 0;
sky.y = 0;
game.rootScene.addChild(sky);

var ground = new Sprite(320,120);
ground.image = game.assets['ground.png'];
ground.x = 0;
ground.y = 200;
game.rootScene.addChild(ground);

まぁ、はっきり言ってキャラクターのスプライトを表示した時と同じですね。
背景のスプライトを表示するわけです。

また、背景画像の横幅の値は、画面のサイズに合わせました。
表示する画像のサイズはもっと大きかったり、小さかったりするのですが、ここで大きさを指定しておけば、小さい画像も繰り返し表示され、ぴったりサイズになってしまうのです。
ありがたき機能。

全体のソースを確認する

では、今回作った全体のソースを確認しておきましょう。

enchant();

window.onload = function() {
	var game = new Game(320,320);
	game.preload('player.png','apad.png','sky.png','ground.png');
	game.fps = 15;
	game.onload = function() {
		/***空の表示***/
		var sky = new Sprite(320,320);
		sky.image = game.assets['sky.png'];
		sky.x = 0;
		sky.y = 0;
		game.rootScene.addChild(sky);
		
		/***地面の表示***/
		var ground = new Sprite(320,120);
		ground.image = game.assets['ground.png'];
		ground.x = 0;
		ground.y = 200;
		game.rootScene.addChild(ground);
		
		/***プレイヤーの表示***/
		var playerSprite = new Sprite(51,55);
		playerSprite.x = (game.width/2)-(playerSprite.width/2);
		playerSprite.y = (game.height/2)-(playerSprite.height/2);
		playerSprite.image = game.assets['player.png'];
		game.rootScene.addChild(playerSprite);
		
		/***アナログパッドの表示***/
		var pad = new APad();
		pad.x = 20;
		pad.y = 220;
		game.rootScene.addChild(pad);
		
		playerSprite.addEventListener('enterframe', function() {
			var speed = 14;
			this.frame = 1;
			
			/***プレイヤーの移動(キー操作)***/
			if (game.input.left) {
				this.x -= speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.right) {
				this.x += speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.up) {
				this.y -= speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.down) {
				this.y += speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			}
			
			/***プレイヤーの移動(アナログパッド操作)***/
			if (pad.isTouched) {
				this.x += pad.vx * speed;
				this.y += pad.vy * speed;
				if (Math.abs(pad.vx) < 0.5) {
					if (this.age%8 < 4) this.frame = 0;
					else this.frame = 1;
				} else this.frame = this.age%2+2;
			}
			
		});
	}
	game.start();
}

と、こんな感じになります。

テストプレイ

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。ヘッダーをカスタマイズ。

寒くなってきましたね。皆さま前かがみになって、まるで亀の様です。@It_is_Rです。 皆様がブログを見て、一番最初に目に入ってくるのはどこでしょうか? 殆どの場合、ヘッダー部分ですよね。つま

KSSでスタイルガイドを作る方法。インストールと使い方。

そのうちWordPressのテーマを作る方法の解説とかしたいなーと思っている@It_is_Rです。 いま準備中ですので、もうちょっとお待ちくださいねー。 そして今回ですが、KSSを使ったスタイ

WordPress

無料で広告なしのWordPressサイトを立ち上げる方法。

猫を飼っています。でも犬派です。何か文句ありますか? …まぁ、最終的に動物全般が好きなんです。爬虫類から哺乳類、鳥類まで好きです。動物を飼っている人、今すぐ写真を@It_is_Rに送り付けて下さい。

【Gitの使い方 – その2】GitをMacにインストールする方法!

いらないファイルは残っているのに、欲しいファイルに限って見つからない@It_is_Rです。 Gitの使い方、第2回目の今回はGitをMacにインストールする方法を紹介します。

wordpress

【WordPress】パンくずリストをプラグイン無しで自作する方法

※追記(2018/2/12) もっと高機能になるように、改良修正しました。 人生で3回ほど死にそうになったことがある@It_is_Rです。 WordPressのパンくずリストを作

scratch

小学生から始めるScratch入門。使い方とゲーム開発の基礎知識

小学生から始めるプログラミング入門です。 前回の記事で、プログラミングってどういうものなのか何となく理解してもらえたでしょうか? 少しだけScratch(スクラッチ)についてもふれましたが、ま

enchant.js

enchant.js でクラスを作る、激分かりやすい方法!

こんばんわ、ちょっと海外へ行っておりました@It_is_Rです。 前回までの enchant.js の記事で、画像の表示やキャラの移動など、ゲーム制作には欠かせない基礎知識が身についたのではない

JavaScriptマンガ講座。条件分岐(if文)の真偽値による使い方。(実践編)

生まれも育ちもド田舎、@It_is_Rです。 JavaScriptマンガ講座、第3回目です。 笑いあり、涙あり(?)のマンガで、JavaScriptを覚えようというものです。 今回は条件

WordPressカスタムヘッダーを完璧に使いこなしたい人へ告ぐ!

森の中に昔から住んでる@It_is_Rです。 WordPressのカスタマイズをする上で、カスタムヘッダーを使うと、色やヘッダー画像をWordPressの管理画面から操作できるようになり便利です

キャラクター

JavaScriptマンガ風講座。初心者でも絶対に理解できる入門編!!

プログラミングは奥が深い。。。@It_is_Rです。 Flashがスマホから使えなくなり、多くのサイトにHTML5が使われ、ブラウザ上でのアニメーションはJavaScriptが多く使われるように

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。