1. HOME
  2. »
  3. プログラミング・Web
  4. »
  5. JavaScript
  6. »
  7. ゲームに背景画像を表示する方法!( enchant.js )

ゲームに背景画像を表示する方法!( enchant.js )

こんばんわ、@It_is_Rです。
ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。

今回は、 enchant.js を使った横スクロールアクションゲームの背景を表示してみようと思います。
空と地面の表示となります。これだけで一気に雰囲気が出るものです。

ちなみに知っていますか?
背景をモザイクにすると、とてもエ○い!

この記事は、 enchant.js でキャラクターのアニメーションを作ってみようの続きとなっております。

まずは前回までのおさらい

前回、キャラクターのアニメーションを作りました。そのおさらいです。

前回までのソースを見てみよう

今回の内容も、前回までに作ったソースを編集していくパターンなので、前回のソースを確認しておきます。
下のソースを編集していきます。

enchant();

window.onload = function() {
	var game = new Game(320,320);
	game.preload('player.png','apad.png');
	game.fps = 15;
	game.onload = function() {
		var playerSprite = new Sprite(51,55);
		playerSprite.x = (game.width/2)-(playerSprite.width/2);
		playerSprite.y = (game.height/2)-(playerSprite.height/2);
		playerSprite.image = game.assets['player.png'];
		game.rootScene.addChild(playerSprite);
		
		/***アナログパッドの表示***/
		var pad = new APad();
		pad.x = 20;
		pad.y = 220;
		game.rootScene.addChild(pad);
		
		playerSprite.addEventListener('enterframe', function() {
			var speed = 14;
			this.frame = 1;
			
			/***プレイヤーの移動(キー操作)***/
			if (game.input.left) {
				this.x -= speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.right) {
				this.x += speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.up) {
				this.y -= speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.down) {
				this.y += speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			}
			
			/***プレイヤーの移動(アナログパッド操作)***/
			if (pad.isTouched) {
				this.x += pad.vx * speed;
				this.y += pad.vy * speed;
				if (Math.abs(pad.vx) < 0.5) {
					if (this.age%8 < 4) this.frame = 0;
					else this.frame = 1;
				} else this.frame = this.age%2+2;
			}
			
		});
	}
	game.start();
}

テストプレイ画像

ソースの内容を大まかに

前回までに作ったプログラムは大まかに、

①キャラクターの表示
②キーボードによるキャラクターの移動
③アナログパッドによるキャラクターの移動
④キャラクターのアニメーション

の4つです。

では、背景画像を表示してみましょう。

背景画像を表示する

背景画像を表示したいのですが、その前に表示する背景画像を用意しなくてはなりません。

表示する背景画像を用意する

今回は空画像と、地面の画像を用意しました。

こちらが空画像となります。

空画像

こちらが地面の画像となります。

地面画像

地面が見方によって違う物に見えるとか言わない約束で。

背景画像を表示するプログラム

それでは、このプログラムに背景を表示するプログラムを追加していきます。

まずは、画像を読み込むので、
game.preload('player.png','apad.png');
を変更し、
game.preload('player.png','apad.png','sky.png','ground.png');
とします。

次に、game.onload = function() {}の中に、以下のソースを貼り付けます。

var sky = new Sprite(320,320);
sky.image = game.assets['sky.png'];
sky.x = 0;
sky.y = 0;
game.rootScene.addChild(sky);

var ground = new Sprite(320,120);
ground.image = game.assets['ground.png'];
ground.x = 0;
ground.y = 200;
game.rootScene.addChild(ground);

まぁ、はっきり言ってキャラクターのスプライトを表示した時と同じですね。
背景のスプライトを表示するわけです。

また、背景画像の横幅の値は、画面のサイズに合わせました。
表示する画像のサイズはもっと大きかったり、小さかったりするのですが、ここで大きさを指定しておけば、小さい画像も繰り返し表示され、ぴったりサイズになってしまうのです。
ありがたき機能。

全体のソースを確認する

では、今回作った全体のソースを確認しておきましょう。

enchant();

window.onload = function() {
	var game = new Game(320,320);
	game.preload('player.png','apad.png','sky.png','ground.png');
	game.fps = 15;
	game.onload = function() {
		/***空の表示***/
		var sky = new Sprite(320,320);
		sky.image = game.assets['sky.png'];
		sky.x = 0;
		sky.y = 0;
		game.rootScene.addChild(sky);
		
		/***地面の表示***/
		var ground = new Sprite(320,120);
		ground.image = game.assets['ground.png'];
		ground.x = 0;
		ground.y = 200;
		game.rootScene.addChild(ground);
		
		/***プレイヤーの表示***/
		var playerSprite = new Sprite(51,55);
		playerSprite.x = (game.width/2)-(playerSprite.width/2);
		playerSprite.y = (game.height/2)-(playerSprite.height/2);
		playerSprite.image = game.assets['player.png'];
		game.rootScene.addChild(playerSprite);
		
		/***アナログパッドの表示***/
		var pad = new APad();
		pad.x = 20;
		pad.y = 220;
		game.rootScene.addChild(pad);
		
		playerSprite.addEventListener('enterframe', function() {
			var speed = 14;
			this.frame = 1;
			
			/***プレイヤーの移動(キー操作)***/
			if (game.input.left) {
				this.x -= speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.right) {
				this.x += speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.up) {
				this.y -= speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.down) {
				this.y += speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			}
			
			/***プレイヤーの移動(アナログパッド操作)***/
			if (pad.isTouched) {
				this.x += pad.vx * speed;
				this.y += pad.vy * speed;
				if (Math.abs(pad.vx) < 0.5) {
					if (this.age%8 < 4) this.frame = 0;
					else this.frame = 1;
				} else this.frame = this.age%2+2;
			}
			
		});
	}
	game.start();
}

と、こんな感じになります。

テストプレイ

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。背景を変更する。

三度の飯よりも好きなものが多すぎて比較にならない@It_is_Rです。 FC2ブログ"最強"カスタマイズ入門講座の続きですね。最強にカスタマイズしていきましょう。 今回は背景色の変更をメインに

.zshrc で zsh をカスタマイズしてみよう。(プラグイン無し)

昔、車に幽霊が乗っていたので、じっと目を凝らして見ていたら、ただの人だったことがあります。@It_is_Rです。 あの時は気まずかった。。。女性の方でした。 さて、今回はターミナルをかっこよく

enchant.js

HTML5 と javascript ( enchant.js )を使ったアクションゲーム開発。

以前、Flashを使って、横スクロールアクションゲームを作ろうとしていたのですが、実はAndroid4.xではFlashPlayerがサポートされておらず、最近のAndroidではFlashPlaye

gulp

gulpでsassをcssにコンパイル。インストール&便利な使い方。

幸せそうな人を見ると、転べって思います。@It_is_Rです。 Webページを制作するとき、sassをcssに変換して使用することが多いと思います。 今回は、gulpを使ってsassをcssに

キャラを決まった間隔ずつ動かすよ!

小学生からのJavaScript入門。キャラを決まった間隔ずつ動かす!

小学生からのプログラミング入門講座(にゅうもんこうざ)、第8弾です。 前回は、キャラクターの画像(がぞう)をスムーズに動かす方法でしたが、スピードが速すぎたので、画像の移動間隔(かんかく)を短く

CSS Button

サイト制作に!!CSSでマウスオーバーボタンの作り方。

新年初の記事です。とりあえず、あけましておめでとうございます。@It_is_Rです。 お正月……おそーがつ……おそまつ……おそ松さん。新年早々くだらないこと言ってないで早く記事を書けって話ですね。

【Android Studio】TextView を使ってテキストを変更、追加する方法。

TextViewの文字列を変更するより、これまでの人生を変更したい@It_is_Rです。 Android Studioを使ったアプリ開発講座6回目です。 今回はアプリに表示されたテキストを変更

【Gitの使い方 – その5】リモートリポジトリ(GitHub)へPushしてみよう!

現在、新曲熱意制作中の@It_is_Rです。 さて、Gitの使い方5回目の今回は、GitHubのリモートリポジトリを作成し、そこにローカルリポジトリをPushする方法を紹介します。 [se

クイックタグ

【WordPress】クイックタグを編集し効率よく記事を書こう!

WordPressで記事を投稿するとき、クイックタグを使うと便利です。 デフォルトで用意されているクイックタグもありますが、それだけでは少々不便なところもあります。 今回は効率よく記事を書くた

【Android Studio】TextView 文字の色やサイズ、書体を変更する方法。

サイズは大きいほど、押しがいがあります。@It_is_Rです。 スマホのボタンの話ですよ。何を考えてたんですか? Androidアプリ開発、8回目となりました。 今回はこれまでに学習した T

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。