1. HOME
  2. »
  3. グラフィック
  4. »
  5. Blender
  6. »
  7. Blenderで3D美少女キャラ。その17(目とまつ毛のテクスチャー)

Blenderで3D美少女キャラ。その17(目とまつ毛のテクスチャー)

Blenderで3D美少女キャラの作り方、第17回目です。

前回、肌にテクスチャーを貼りましたが、今回は同じ要領で目とまつ毛にテクスチャーを貼っていきます。
しかし同じ要領とは言っても、まつ毛は背景を透過する必要があります。

そのやり方も兼ねて紹介していきたいと思います。

目(瞳)のテクスチャーを当てる

まず、目にテクスチャーを当てていきます。ただ、ここでちょっと目の描き方をシンプルに変更しました。
目の描き方ですが、shift + Aで「メッシュ」、「UV球」を選択し球を作成した後、rでの回転、gでの移動などを使い位置を調節して、その球の一部分を残して頂点を削除するという方法で作っております。
また、ミラーモディファイアも使っております。
blender

aを2回押し、目の頂点を全選択します。その後、uを押し、「展開」をクリックします。
blender

ここからは2画面使いたいので、画面を分割します。
blender

向かって左側を、「UV/画像エディタ」に変更します。
blender

するとこのような表示になっていると思います。
blender

下のメニューの「画像」から「画像を開く」をクリックし、目のテクスチャを読み込みます。
blender

目のテクスチャーは、PhotoShopを使って、このようなものを作りました。
blender

実際に読み込むと、このようになります。
まだマテリアルとテクスチャーの設定をしていないので、向かって右側の画面には瞳が表示されていません。
blender

ではちゃんと表示されるように、設定をしていきましょう。
向かって右側の画面にカーソルを置き、tabでオブジェクトモードにし、マテリアルから「新規」をクリックします。
blender

マテリアル名を「eye」に設定します。
blender

テクスチャーの方でも、「新規」をクリックします。
blender

テクスチャー名を「eye」に設定し、画像タブでは先ほど読み込んだ画像を選択します。
blender

すると、このようになります。

瞳が白くなってしまっている、バランスが小さい、などあると思います。
まず、瞳が白くなってしまっているのを直します。

目のオブジェクトを選択した状態で、マテリアルのスペキュラータブの「強度」を0にします。
blender

するとこのようになります。
白い光はなくなりましたが、瞳が小さいです。
blender

では、瞳の大きさを変更してみましょう。
tabで編集モードにします。
blender

UV/画像エディター上で、aを押し、全選択します。
blender

UV/画像エディター上で、sを押し、3Dビューを見ながら瞳の大きさを調節します。
blender

UV/画像エディター上で、rを押し、瞳の向きを調節します。
blender

このままでは、瞳が左右対称になってしまいます。
本来は同じ方向を向かせたいわけです。
blender

tabでオブジェクトモードにし、モディファイアーのミラーを適用します。
blender

tabで編集モードにし、反転したい方の目の頂点を右クリックで選択、lで片方の目を全選択します。
blender

UV/画像エディター上で、sx→「-1」と入力し、片目を反転させます。
blender

微妙に瞳の方向が歪んでいるので、UV/画像エディター上で、rを押して方向を直し、瞳のテクスチャー貼りが完了です。
blender

まつ毛のテクスチャーを当てる

続きまして、まつ毛のテクスチャーを貼ってみましょう。

まず、上まつげを選択します。
blender

tabを押して編集モードにした後、aを2回押して全選択して、uを押し、「展開」をクリックします。
blender

すると、全体ではこのようになります。
blender

UV/画像エディターの下のメニューから。「画像」→「画像を開く」をクリックします。
blender

まつ毛のテクスチャーはPhotoshopでこのようなものをつくりました。背景は透過し、png形式で保存しております。
こちらを開きます。

このテクスチャーを開くと、このようになります。
blender

tabを押してオブジェクトモードにした後、マテリアルの「新規」をクリックします。
blender

マテリアル名は「eyelashes」にしました。
blender

テクスチャーの「新規」もクリックします。
blender

テクスチャー名も同じように「eyelashes」にしました。
blender

さらに画像タブのアイコンをクリックし、先ほど読み込んだ画像を選択します。
blender

まつ毛がなにやらよく分からないテクスチャーになってしまいました。
blender

これはテクスチャーの位置がおかしなことになってしまっているからです。
UV/画像エディタで直します。
tabを押して編集モードに入ります。
blender

UV/画像エディターで、gでの移動、sx or y0で頂点を揃える、などを使って3Dビューでまつ毛がしっかり表示されるように確認しながら調整します。
blender

まだ白い部分が透過されていないので、今からしていこうと思います。
まず、マテリアルの「透過」にチェックを入れ、アルファの値を0にします。
blender

テクスチャーを選択し、画像タブの「アルファを使用」にチェック、影響の「アルファ」にもチェックを入れます。
blender

するとこのように白い部分が透過され、まつ毛らしく見えるようになります。
blender

下のまつ毛も同じ要領で作っていきます。
オブジェクトモードの状態で下まつ毛を選択したら、tabを押して編集モードにした後、aを2回押して全選択して、uを押し、「展開」をクリックします。
blender

するとこのようになります。
blender

左下の「画像」→「画像を開く」をクリックします。
blender

今回開くまつ毛の画像はこれです。これもPhotoshopで作りました。
下のまつ毛は少ないので、少なめに描きました。
blender

実際に開くとこのようになります。
blender

では、tabでオブジェクトモードに戻し、マテリアルの新規をクリックします。
blender

マテリアル名は「eyelashes-small」とでもしておきましょう。
blender

テクスチャーも「新規」をクリックします。
blender

テクスチャー名を「eyelashes-small」とし、画像タブのアイコンをクリックし、先ほど読み込んだ画像を選択します。
blender

tabで編集モードにすると、このようになっています。
blender

UV/画像エディターで、gでの移動や、sx or y0で頂点を揃える、などを使って調整します。
するとこのように下まつ毛ができます。
blender

では、先ほどと同じように白い部分を透過していきましょう。
マテリアルの「透過」にチェックを入れ、「アルファ」の値を0にします。
blender

さらにテクスチャーの「アルファを使用」にチェック、影響タブの「アルファ」にチェックを入れます。
blender

白い部分が透過され、レンダリングしてみるとこのようになります。
blender

まとめ

いかがでしたでしょうか。
テクスチャーの透過を使うことで、毛など、細かい部分の表現もできるようになり、格段に表現の幅が広がります。

今回はまつ毛に使用しましたが、髪の毛なども同じようにすると、髪の毛らしい表現をつくることができます。
髪の毛でテクスチャーを使う方法は、次回の記事で書いていこうと思います。

そんなこんなで、今回は目(瞳)とまつ毛のテクスチャーの貼り方でした。

この企画の一覧はこちら

  1. Blenderで3D美少女キャラの作り方。(顔の輪郭を描く。)
  2. Blenderで3D美少女キャラの作り方。その2(目を作り込む)
  3. Blenderで3D美少女キャラの作り方。その3(鼻の穴と唇を作る)
  4. Blenderで3D美少女キャラの作り方。その4(前髪と横髪を描く。)
  5. Blenderで3D美少女キャラの作り方。その5(後頭部を作る。)
  6. Blenderで3D美少女キャラの作り方。その6(耳を作る。)
  7. Blenderで3D美少女キャラの作り方。その7(横顔を綺麗にする)
  8. Blenderで3D美少女キャラの作り方。その8(後ろ髪を描く)
  9. Blenderで3D美少女キャラの作り方。その9(顎と首を作る)
  10. Blenderで3D美少女キャラの作り方。その10(体を作る)
  11. Blenderで3D美少女キャラの作り方。その11(手足を作る)
  12. Blenderで3D美少女キャラの作り方。その12(制服を作る)
  13. Blenderで3D美少女キャラの作り方。その13(バランスの修正など)
  14. Blenderで3D美少女キャラ。その14(服を例にしたマテリアルの使い方)
  15. Blenderで3D美少女キャラ。その15(制服やスカートのマテリアル一覧)
  16. Blenderで3D美少女キャラ。その16(肌にテクスチャーを貼る)
  17. Blenderで3D美少女キャラ。その17(目とまつ毛のテクスチャー)
  18. Blenderで3D美少女キャラ。その18(髪の毛のテクスチャー)

スポンサードリンク

関連コンテンツ

オススメ記事

Blenderで3D美少女キャラの作り方。その6(耳を作る。)

まだ耳は作ってません。@It_is_Rです。 もちろん記事書きながら今から作っていきます。 今回は耳を作っていきます。 耳は髪の毛でどうせ隠れてしまうかもしれませんが、とりあえず。 こ

blender

Blenderで3D美少女キャラの作り方。その4(前髪と横髪を描く。)

Blenderでの3Dキャラ制作の記事、長い期間放置してしまった@It_is_Rです。 前回までのキャラ作成は、顔ができたところまででした。 今回は。髪の毛を作っていきます。 さて、Bl

何をされても動じない黒猫

「何をされても動じない黒猫」のイラスト描いてみた

私の飼い猫は、すぐに噛み付きます。@It_is_Rです。 そんなわけで、今回は「何をされても動じない黒猫」のイラストを描いてみました。 何をされても動じない黒猫 今回描いたイラストはこちらで

blender

Blenderで3D美少女キャラ。その14(服を例にしたマテリアルの使い方)

Blenderで3D美少女キャラの作り方、第14回目となります。 前回まででキャラクターのモデルの形が完璧になりました。 今回はマテリアルを使って、キャラの服に色をつけるのを例に、マテリアルの

blender

Blenderで3D美少女キャラの作り方。その11(手足を作る)

前回に引き続き、Blenderによる美少女キャラ制作をしていこうと思います。 今回は手足を作っていこうと思います。 今回はここから始めます。 胴体を作ったところですね。 腕を作

blender

Blenderで3D美少女キャラの作り方。その8(後ろ髪を描く)

モンスターボールって下ネタですか?@It_is_Rです。 はい、いきなり不愉快な思いさせてすいませんでした。 今回はBlenderで作る3D美少女キャラの、第8回目です。 前回は空いた空

illust

キャラクターの描き方。描き始めから完成まで。

イラストを描く時、途中でめんどくなる@It_is_Rです。 そんなIt is Rが、僭越ながら今回はイラスト描き方を発表させていただきたく思います。 イラストの描き方は百人いれば百通りの描き方

blender

Blenderで3D美少女キャラの作り方。その10(体を作る)

前回のBlenderの記事からかなり期間があいてしまいました。。。が、続きを更新していきたいと思います。 また、このシリーズは多くの方にtwitterなどで共有していただき、とても感謝でございま

初音ミクで3DCGアニメーション

どうも、お久しぶりです。It is Rでございます。 今回から、無料ゲーム開発日記と、ORIGINAL-GAME.COM BLOGを一つにしようと思います。 無料ゲーム開発日記からの続きという

「ラッパーの女の子」描いてみた。

日本語ラップがダサいと言われる世の中ですが、私は好きです。@It_is_Rです。 久しぶりにイラストを描きましたので、アップします。 世の中の綺麗事へ。

2件のコメント “Blenderで3D美少女キャラ。その17(目とまつ毛のテクスチャー)

  1. わかりやすい上にすごくタメになる記事ですね!
    操作説明が細かいのでBlender初心者でもメニューの中で迷子にならないで済みます。
    応援してます!

    1. >aaaaさん
      コメントありがとうございます。
      Blenderは無料で使えるソフトですが、市販品に負けない性能を持ったソフトだと思うので、私は気に入っています。
      これからも初心者の方でも分かりやすいように、Blenderの記事を書いていきますので、またよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。