Google Fontsの使い方。サイトをカッコよくしよう。

公開 : → 更新 :

Webページを作るのは結構好きな@It_is_Rです。

WordPress、もしくは他のホームページやブログをやっていると、フォントを変えたいなと思うことも多いと思います。
そこで、Google Fontsを使ってみましょう。Google Fontsは、厄介な登録もなく、簡単に使うことができます。

今回はGoogle Fontsを使う方法をご紹介します。

 icon-eye Google Fontsについて。
Google Fontsを使うと、簡単にWebページにカッコいいフォントを使うことができます。
しかし、日本語フォントが少ないこと、フォントの読み込みには時間がかかることを考えると、英語でWebページをデザインしたい時のみ使用すると効果的にWebページをカッコよくできると思います。

Google Fontsからフォントを探す。

まず、Google Fontsから、自分の好きなフォントを探してみましょう。
Google Fontsのページはこちらです。
Google Fonts

フォントの検索。

では、まずフォントを検索する方法です。
フォントの検索は、ウィンドウ左端のこの画面から検索できます。しかし、この検索はフォントの名前が分からないと検索のしようがありませんね。
Google Fonts

フォントを絞り込む。

その場合は、フォントを絞り込むことができます。
「All categories」の右側にある▼をクリックしてみましょう。すると、どのようなフォントが欲しいのか選択できるようになります。
Google Fonts

また「Thickness」「Slant」「Width」で、「太さ」「傾斜」「横幅」を絞ることができます。
これらの設定は、「Resrt all filters/search」で解除することができます。

フォントを選ぶ。

では、続いてフォントを選んでいきましょう。
Google Fonts

フォントの表示方法を変える。

上部にあるタブから、表示方法を切り替えることができます。
google-fonts5

「Word」を選択した場合、ほぼ単語ごとの表示を確認することができます。
「Sentence」を選択した場合、1つの文が表示されます。
「Paragraph」を選択した場合、文章が表示されます。
「Poster」を選択した場合、フォントの名前が、ロゴのようにそのフォントで表示されます。

また、「Word」「Sentence」「Paragraph」を選択した場合は、表示させる内容を切り替えることができます。
「Preview Text」と書かれた部分の▼をクリックすると一覧が表示されます。
Google Fonts

「Enter your own text」を選択すると、枠内に自分が入力したテキストを表示させることができます。
「Font Name」を選択すると、フォントを名前がそのフォントで表示されます。
「Grumpy wizards make toxic brew for the evil Queen and Jack.」を選択すると、この文章が表示されます。
「The quick brown fox jumps over the lazy dog.」も同じで、この文章が表示されます。
「AaBbCcDdEeFfGgHhIiJjKkLlMmNnOoPpQqRrSsTtUuVvWwXxYyZz 0123456789」は、Aからzまでと数字が表示されます。

実際にフォントを使う。

いよいよ実際にフォントを使ってみようと思います。

それぞれのボタンの機能について。

それぞれのフォントの覧に、このようなボタンがあると思います。
ちなみにこのボタンは「Sentence」を選択している状態のものです。選択しているタブによって、①が無かったりします。
Google Fonts

①(See all styles)は、下の画像の様にすべてのフォントスタイルを表示させることができます。
Google Fonts
②(Quick-use)をクリックすると、そのフォントをすぐに使い始めることが可能です。使い方は後ほど解説する「コードをページに貼付ける」を見てください。
③(Pop out)をクリックすると、さらにフォントを内容を詳しく、別ウィンドウで確認することができます。
④をクリックすると、そのフォントをとりあえず保存しておくことができます。ここで保存しておいて、後でまとめて確認したり使うことができます。

フォントを選び、コレクションに追加する。

先ほどの画像の④をクリックすることで、そのフォントをコレクションに追加することができます。
すると画面下部のCollectionに入っていきます。使いたいフォントを選び、もし使わないフォントがあれば、右端の×ボタンで削除します。
Google Fonts

「Use」をクリックすると、選んだフォントをすべて使うことができます。
すると、フォントの選択や貼付ける為のコードが表示されます。

コードをページに貼付ける。

表示された画面で、使いたいフォントを選択します。
Google Fonts

画面をしたにスクロールさせると、コードが表示されます。
Google Fonts

この「3. Add this code to your website:」と書かれた部分のコードをコピーして、自分のWebページの、<head>と</head>の間に貼付けます。
その後、「4. Integrate the fonts into your CSS:」の部分をコピーして、自分のWebページのCSSに貼付けます。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。




オススメ記事

enchant.js

enchant.js でクラスを作る、激分かりやすい方法!

こんばんわ、ちょっと海外へ行っておりました@It_is_Rです。 前回までの enchant.js の記事で、画像の表示やキャラの移動など、ゲーム制作には欠かせない基礎知識が身についたのではない

キャラクター

JavaScriptマンガ風講座。初心者でも絶対に理解できる入門編!!

プログラミングは奥が深い。。。@It_is_Rです。 Flashがスマホから使えなくなり、多くのサイトにHTML5が使われ、ブラウザ上でのアニメーションはJavaScriptが多く使われるように

bootstrap3

Bootstrap3でサイトのレイアウト。グリッドシステムの使い方と裏技。

開発中のゲームはサイト制作に入っております。@It_is_Rです。 前回に引き続き、Bootstrap3の記事です。 サイトを作るとき、CSSなどを使ってサイトのレイアウトを調節したりしますが

WordPress|特定カテゴリーに属する記事を一覧表示させる方法!!

今まで、何度かに分けて書いた記事でも、その一覧がなかったので見にくいなーと思っていた@It_is_Rです。 昨日、記事の一覧表示をするショートコードを作って、記事の一覧が欲しい記事にだけ貼り付けてみ

enchant.js

HTML5 と javascript ( enchant.js )を使ったアクションゲーム開発。

以前、Flashを使って、横スクロールアクションゲームを作ろうとしていたのですが、実はAndroid4.xではFlashPlayerがサポートされておらず、最近のAndroidではFlashPlaye

Swift

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。画像を読み込む為のボタンを作る。

犬も歩けば棒にあたる。だからRは歩かない。@It_is_Rです。 最近はSwiftの記事が多いと思っている人もいるのでは無いでしょうか。実はRは現在、Swiftを使ってゲーム開発のお助けアプリを

【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。

ボタンを作る基本中の基本ですが、ボタンを作ること自体が基本中の基本です。@It_is_Rです。 タイトルなんてどうだっていいんです。肝心のなのは真心です。 Androidアプリ開発、7回目とな

WordPress|ショートコードの作り方&使い方。確実に使いこなす為のガイド。

前回、WordPressで、特定のカテゴリ一覧を表示する方法について書きました。 改めまして、@It_is_Rです。 特定のカテゴリ一覧を表示したとき、ショートコードというものを使いましたが、

JavaScriptマンガ講座。初心者でも痛いほど理解できる変数の使い方。(実践編)

押入れが部屋になっている@It_is_Rです。 今回の記事はJavaScriptマンガ講座、2回目となりました。 この企画はJavaScriptをフザケまくって覚えようというものです。

java

Javaのクラスとメソッドの違いとは?ゲーム風に解説。

この頃小説を読んでいなく、何か読みたいなと思っている@It_is_Rです。 Javaを勉強し始めたばかりの人は、何やら難しい単語に混乱する人も多いでしょう。その中で、クラスとメソッドって一体何が