enchant.jsのロード画面を、好きな画像に変更する方法。

公開 : → 更新 :

今日は爆睡していました。@It_is_Rです。

enchant.jsのロード画面はカッコわるいなとずっと思っていました。「あ、これenchant.jsで作ったんだな」って思われてしまうじゃないですか!別に良いんですけど。
これを変更したいと思うのは、Rだけではないはず。。。

実は、あのロード画面を変更する方法があるのを知っていますか?
今回はそのロード画面を変更する方法を、丁寧に解説していきたいと思います。

そのロード画面というのがこちらですね。
見るだけで、早くしろよと言いたくなります。これは画像ですよ、待ってても何も始まりません。

enchant.js

enchant.js、基本のプログラム。

enchant.jsで開発している場合、基本的なプログラムは以下の様になっていると思います。かなり省略していますが。。。

var ASSETS = [
	/*使用する画像やサウンドなど。*/
];

window.onload = function() {
	game = new Core(320,320);
	game.preload(ASSETS);
	game.fps = 23;

	game.onload = function() {
		/*ゲームの内容*/
	};
	game.start();
};

では、このプログラムを使って、ロード画面を画像に変更してみたいと思います。

enchant.jsのロード画面を画像に変更する。

では、早速画像に変更してみましょう。

ロード画面のシーンを作成する。

ロード画面を作る時は、まずロード画面のシーンを作成します。

var loadScene = new Scene();
と記述することで、loadSceneというシーンが作成されます。

シーンを作成したら、そのシーンでどのようにしたいかを、addEventListenerを使って作っていきます。

loadScene.addEventListener(‘progress’, function(e) {
});

を作って、この中に記述していきましょう。

使用する画像を用意します。

では、使用する画像を用意します。今回は単なる解説なので、かなりテキトーにマウスで描いた画像です。
文字は、プログラムで作ってもよかったのですが、今回は画像に直接書きました。この画像は大きいですが、実際に使ったのは320*320の大きさになおしています。

enchant.js

画像をロード画面に表示する

この画像をロード画面に表示してみましょう。以下のソースをaddEventListener内に書き込みます。

var loadImg = new Sprite(320,320);
loadImg.image = game.assets['画像ファイル'];
loadScene.addChild(loadImg);

更に、この画像ファイルをあらかじめ読み込んでおきたいので、addEventListenerの前に、game.preload(‘画像ファイル’);を記述します。

最後に、game.loadingSceneの中にloadSceneを入れてやります。つまり、元々のロード画面に上書きしてあげるわけです。

game.loadingScene = loadScene;

これで、画像を表示させることができます。

enchant.js

しかし、これではどれだけ待ってもロード画面からゲームへと切り替わりません!
そこで、以下のプログラムを追加します。

loadScene.addEventListener('load', function(e) {
	var core = enchant.Core.instance;
	core.removeScene(core.loadingScene);
	core.dispatchEvent(e);
});

これまでの、全体のコードはこうなりました。

var ASSETS = [
	/*使用する画像やサウンドなど。*/
];

window.onload = function() {
	game = new Core(320,320);

	var loadScene = new Scene();	
	game.loadingScene = loadScene;

	game.preload('画像ファイル');
	loadScene.addEventListener('progress', function(e) {
		var loadImg = new Sprite(320,320);
		loadImg.image = game.assets['画像ファイル'];
		loadScene.addChild(loadImg);
	});
	loadScene.addEventListener('load', function(e) {
		var core = enchant.Core.instance;
		core.removeScene(core.loadingScene);
		core.dispatchEvent(e);
	});

	game.preload(ASSETS);
	game.fps = 23;

	game.onload = function() {
		/*ゲームの内容*/
	};
	game.start();
};

このように、好きな画像に変更してあげれば、カッコいいロード画面が作れる訳です。

ロードの状況を表示する。

でも、ただ画像を表示するだけでは、ゲームをプレイする人が、ほんとに読み込まれてるのかよと不安になります。
そこで、ロードの状況も表示してみましょう。

以下のコードは、ロードの状況を変数に代入する為の命令です。

var progress = e.loaded / e.total;
progress *= 100;
progress = Math.round(progress);

var progress = e.loaded / e.total;で、どれだけロードができたかを変数に入力できるのですが、これは小数点まで表示されてしまいます。
なので、100をかけて%表示にしてから、progress = Math.round(progress);で、四捨五入しています。

では、プログラムを作ってみましょう。

var ASSETS = [
	/*使用する画像やサウンドなど。*/
];

window.onload = function() {
	game = new Core(320,320);

	var loadScene = new Scene();	
	game.loadingScene = loadScene;

	game.preload('画像ファイル');
	loadScene.addEventListener('progress', function(e) {
		var progress = e.loaded / e.total;
		progress *= 100;
		progress = Math.round(progress);

		var loadImg = new Sprite(320,320);
		loadImg.image = game.assets['画像ファイル'];
		loadScene.addChild(loadImg);

		var label = new Label();
		label.moveTo(200,290);
		label.text = "LOADING..." + progress;
		label.color = 'white';
		loadScene.addChild(label);
	});
	loadScene.addEventListener('load', function(e) {
		var core = enchant.Core.instance;
		core.removeScene(core.loadingScene);
		core.dispatchEvent(e);
	});

	game.preload(ASSETS);
	game.fps = 23;

	game.onload = function() {
		/*ゲームの内容*/
	};
	game.start();
};

enchant.js

ここまできて、「読み込み中です。」の必要なさに気がつきました。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。




オススメ記事

キャラクター

JavaScriptマンガ風講座。初心者でも絶対に理解できる入門編!!

プログラミングは奥が深い。。。@It_is_Rです。 Flashがスマホから使えなくなり、多くのサイトにHTML5が使われ、ブラウザ上でのアニメーションはJavaScriptが多く使われるように

WordPress

無料で広告なしのWordPressサイトを立ち上げる方法。

猫を飼っています。でも犬派です。何か文句ありますか? …まぁ、最終的に動物全般が好きなんです。爬虫類から哺乳類、鳥類まで好きです。動物を飼っている人、今すぐ写真を@It_is_Rに送り付けて下さい。

gulp

gulpでsassをcssにコンパイル。インストール&便利な使い方。

幸せそうな人を見ると、転べって思います。@It_is_Rです。 Webページを制作するとき、sassをcssに変換して使用することが多いと思います。 今回は、gulpを使ってsassをcssに

wordpress

WordPress – デフォルトで用意されたショートコード一覧と使い方。

昔は WordPress の画面が真っ白になって、頭も真っ白になったこともありました。@It_is_Rです。 WordPress では、プラグインを使ったりしない限り、投稿記事のなかで php

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。ヘッダーをカスタマイズ。

寒くなってきましたね。皆さま前かがみになって、まるで亀の様です。@It_is_Rです。 皆様がブログを見て、一番最初に目に入ってくるのはどこでしょうか? 殆どの場合、ヘッダー部分ですよね。つま

【Android Studio】新規プロジェクトを作成する方法。

インスタント焼きそばを作ろうとすると、なぜか焼うどんになります。 @It_is_R です。 しかも、ラーメン作ろうと思うと焼きそばができあがります。 前回、 Android Studio のイ

【CSS設計】ボタンを作って覚える。機能ごとに分けて作る重要性。

手が回らない、頭が回らない、口が回らない。@It_is_Rです。 CSSはある程度大雑把に書いても動かすことができます。しかし、CSSを覚える上で一番難しい部分と言えばCSS設計でしょう。 パ

【Android Studio】TextView を使ってテキストを変更、追加する方法。

TextViewの文字列を変更するより、これまでの人生を変更したい@It_is_Rです。 Android Studioを使ったアプリ開発講座6回目です。 今回はアプリに表示されたテキストを変更

WordPress|特定カテゴリーに属する記事を一覧表示させる方法!!

今まで、何度かに分けて書いた記事でも、その一覧がなかったので見にくいなーと思っていた@It_is_Rです。 昨日、記事の一覧表示をするショートコードを作って、記事の一覧が欲しい記事にだけ貼り付けてみ

enchant.js

enchant.js でキャラクターのアニメーションを作ってみよう

前回の記事では、キャラが移動する時のアニメーションがありませんでした。 突っ立ったまま進んで行く、まるで幽霊の様な状態です。 これでは、キャラが生きてるのか死んでるのか分からない! というこ