ゲームに背景画像を表示する方法!( enchant.js )

公開 : → 更新 :

こんばんわ、@It_is_Rです。
ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。

今回は、 enchant.js を使った横スクロールアクションゲームの背景を表示してみようと思います。
空と地面の表示となります。これだけで一気に雰囲気が出るものです。

ちなみに知っていますか?
背景をモザイクにすると、とてもエ○い!

この記事は、 enchant.js でキャラクターのアニメーションを作ってみようの続きとなっております。

まずは前回までのおさらい

前回、キャラクターのアニメーションを作りました。そのおさらいです。

前回までのソースを見てみよう

今回の内容も、前回までに作ったソースを編集していくパターンなので、前回のソースを確認しておきます。
下のソースを編集していきます。

enchant();

window.onload = function() {
	var game = new Game(320,320);
	game.preload('player.png','apad.png');
	game.fps = 15;
	game.onload = function() {
		var playerSprite = new Sprite(51,55);
		playerSprite.x = (game.width/2)-(playerSprite.width/2);
		playerSprite.y = (game.height/2)-(playerSprite.height/2);
		playerSprite.image = game.assets['player.png'];
		game.rootScene.addChild(playerSprite);
		
		/***アナログパッドの表示***/
		var pad = new APad();
		pad.x = 20;
		pad.y = 220;
		game.rootScene.addChild(pad);
		
		playerSprite.addEventListener('enterframe', function() {
			var speed = 14;
			this.frame = 1;
			
			/***プレイヤーの移動(キー操作)***/
			if (game.input.left) {
				this.x -= speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.right) {
				this.x += speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.up) {
				this.y -= speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.down) {
				this.y += speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			}
			
			/***プレイヤーの移動(アナログパッド操作)***/
			if (pad.isTouched) {
				this.x += pad.vx * speed;
				this.y += pad.vy * speed;
				if (Math.abs(pad.vx) < 0.5) {
					if (this.age%8 < 4) this.frame = 0;
					else this.frame = 1;
				} else this.frame = this.age%2+2;
			}
			
		});
	}
	game.start();
}

テストプレイ画像

ソースの内容を大まかに

前回までに作ったプログラムは大まかに、

①キャラクターの表示
②キーボードによるキャラクターの移動
③アナログパッドによるキャラクターの移動
④キャラクターのアニメーション

の4つです。

では、背景画像を表示してみましょう。

背景画像を表示する

背景画像を表示したいのですが、その前に表示する背景画像を用意しなくてはなりません。

表示する背景画像を用意する

今回は空画像と、地面の画像を用意しました。

こちらが空画像となります。

空画像

こちらが地面の画像となります。

地面画像

地面が見方によって違う物に見えるとか言わない約束で。

背景画像を表示するプログラム

それでは、このプログラムに背景を表示するプログラムを追加していきます。

まずは、画像を読み込むので、
game.preload('player.png','apad.png');
を変更し、
game.preload('player.png','apad.png','sky.png','ground.png');
とします。

次に、game.onload = function() {}の中に、以下のソースを貼り付けます。

var sky = new Sprite(320,320);
sky.image = game.assets['sky.png'];
sky.x = 0;
sky.y = 0;
game.rootScene.addChild(sky);

var ground = new Sprite(320,120);
ground.image = game.assets['ground.png'];
ground.x = 0;
ground.y = 200;
game.rootScene.addChild(ground);

まぁ、はっきり言ってキャラクターのスプライトを表示した時と同じですね。
背景のスプライトを表示するわけです。

また、背景画像の横幅の値は、画面のサイズに合わせました。
表示する画像のサイズはもっと大きかったり、小さかったりするのですが、ここで大きさを指定しておけば、小さい画像も繰り返し表示され、ぴったりサイズになってしまうのです。
ありがたき機能。

全体のソースを確認する

では、今回作った全体のソースを確認しておきましょう。

enchant();

window.onload = function() {
	var game = new Game(320,320);
	game.preload('player.png','apad.png','sky.png','ground.png');
	game.fps = 15;
	game.onload = function() {
		/***空の表示***/
		var sky = new Sprite(320,320);
		sky.image = game.assets['sky.png'];
		sky.x = 0;
		sky.y = 0;
		game.rootScene.addChild(sky);
		
		/***地面の表示***/
		var ground = new Sprite(320,120);
		ground.image = game.assets['ground.png'];
		ground.x = 0;
		ground.y = 200;
		game.rootScene.addChild(ground);
		
		/***プレイヤーの表示***/
		var playerSprite = new Sprite(51,55);
		playerSprite.x = (game.width/2)-(playerSprite.width/2);
		playerSprite.y = (game.height/2)-(playerSprite.height/2);
		playerSprite.image = game.assets['player.png'];
		game.rootScene.addChild(playerSprite);
		
		/***アナログパッドの表示***/
		var pad = new APad();
		pad.x = 20;
		pad.y = 220;
		game.rootScene.addChild(pad);
		
		playerSprite.addEventListener('enterframe', function() {
			var speed = 14;
			this.frame = 1;
			
			/***プレイヤーの移動(キー操作)***/
			if (game.input.left) {
				this.x -= speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.right) {
				this.x += speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.up) {
				this.y -= speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			} if (game.input.down) {
				this.y += speed;
				this.frame = this.age%2+2;
			}
			
			/***プレイヤーの移動(アナログパッド操作)***/
			if (pad.isTouched) {
				this.x += pad.vx * speed;
				this.y += pad.vy * speed;
				if (Math.abs(pad.vx) < 0.5) {
					if (this.age%8 < 4) this.frame = 0;
					else this.frame = 1;
				} else this.frame = this.age%2+2;
			}
			
		});
	}
	game.start();
}

と、こんな感じになります。

テストプレイ

スポンサードリンク

おすすめの記事♪

Swift

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。Storyboardでボタンを作る。

喧嘩するほど仲がいいとは言いますが、喧嘩する相手がいません。友達がいないということでしょ[email protected]_is_Rです。 前回、StoryboardでMacのウィンドウに文字を表示しました。しかし、

【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。

ボタンを作る基本中の基本ですが、ボタンを作る[email protected]_is_Rです。 タイトルなんてどうだっていいんです。肝心のなのは真心です。 Androidアプリ開発、7回目とな

Swift

【Xcode7】Swift2使ってみた。playgroundで遊びながら覚える。

[email protected]_is_Rです。 押入れは寝心地がいいです。部屋も押入れ分だけ広くなるし。 SwiftはAppleが出しているプログラミング言語です。Swiftを使うこと

java

【Java】スーパクラス、サブクラスとは?継承について。

猿も木から落ちますが、Rは木から落ちません。だって登らないから。 @It_is_R です。いや、登ろうと思っても登れません。 Javaを使っていると継承という言葉をよく耳にしますよね。どういうも

Swift

【Xcode7】Storyboardを使ってMacアプリ開発に挑戦。

[email protected]_is_Rでございます。 現在開発中の人魚のゲームは今ストーリーを練っている所です。まだまだ時間がかかりそうです。 さて、Rは今、Macアプリ開発を勉強中なので

developing my games

男性が海の世界へと迷い込む!?人魚ストーリーのゲーム開発中です。

こんにちわ。現在様々な方面からゲーム開発中の@It_is_Rです。 今回はRが今、超頑張って制作中のゲームについて書いてみようと思います。 今開発中のゲームは横スクロールアクションゲームと、人

Swift

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。画像を読み込む為のボタンを作る。

[email protected]_is_Rです。 最近はSwiftの記事が多いと思っている人もいるのでは無いでしょうか。実はRは現在、Swiftを使ってゲーム開発のお助けアプリを

【Android Studio】TextView 文字の色やサイズ、書体を変更する方法。

[email protected]_is_Rです。 スマホのボタンの話ですよ。何を考えてたんですか? Androidアプリ開発、8回目となりました。 今回はこれまでに学習した T

enchant.js

HTML5 と javascript ( enchant.js )を使ったアクションゲーム開発。

以前、Flashを使って、横スクロールアクションゲームを作ろうとしていたのですが、実はAndroid4.xではFlashPlayerがサポートされておらず、最近のAndroidではFlashPlaye

ゲーム開発で使用する人魚のイラスト描きました。

制作中の人魚のゲームは、Unityを使ったAndroid専用[email protected]_is_Rです。 そんな訳で、いまUnityの使い方を覚えているのですが、まだまだ時間がかかりそう。


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。




Games