【Android Studio】TextView を使ってテキストを変更、追加する方法。

公開 : → 更新 :

TextViewの文字列を変更するより、これまでの人生を変更したい@It_is_Rです。

Android Studioを使ったアプリ開発講座6回目です。
今回はアプリに表示されたテキストを変更、そして、さらに別のテキストを追加表示してみます。

※今回使用しているバージョンは「Android Studio 2.3.3.0」です。

前回までの解説では、アプリ内に「Hello World!」と表示されているだけでした。
言い換えれば「Hello World!」と書かれた TextView が、あらかじめ用意されているということです。
本来の開発であれば、これが不要の場合、削除してしまいます。が、今回はそのままにしておきます。
今回はここからテキストの変更や追加、表示する方法を解説していきたいと思います。
android studio

TextView のテキストを変更する

まずはテキストを変更する方法です。
その方法は「Design」もしくは「Text」で編集していきます。

Design で変更する方法

「activity_main.xml」ファイルを開くと、左下に「Design」と「Text」が選べるようになっています。
ここでは「Design」を選びましょう。
android studio

すると下のように、アプリ画面のデザインが表示されます。
今回は文字を変更したいので、アプリ画面中央の文字をクリックして選択します。
右に「Properties」が表示されますので、TextView→textの「Hello World!」を好きな文字に変更します。
android studio

私は「ハローワールド!」に変更してみました。
android studio

Text で変更する方法

ソースを編集するのに慣れている方は、こちらの方が分かりやすいかもしれません。
「activity_main.xml」ファイルを開き「Text」を選択します。
android studio

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<android.support.constraint.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="com.example.r.myapplication.MainActivity">

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="Hello World!"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
        app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

</android.support.constraint.ConstraintLayout>

12行目のandroid:text="Hello World!"が、アプリ内のTextViewに表示されている文字を表しています。
この部分を変更してみましょう。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<android.support.constraint.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="com.example.r.myapplication.MainActivity">

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="ハローワールド!"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
        app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

</android.support.constraint.ConstraintLayout>

どちらの方法でも、実行するとこのように文字が変更されます。
android studio

エラー?が表示されます

さて、文字列を変更すると、エラー?が表示されます。
android studio

この赤い四角をクリックすると、次のように表示されます。
android studio

実は今回のこれはエラーではなくWarning(警告)です。
Warning: Hardcoded string “ハローワールド!”, should use `@string` resource

つまり、@stringを使った方がいいよ、ということです。
このままでも実行はされますが、警告をそのままにしておくのも気持ち悪いので、@stringを使ったものに作り変えてみたいと思います。
「strings.xml」を使用することで、これを解決することができます。

「strings.xml」を使う

「strings.xml」ファイルを開きます。

<resources>
    <string name="app_name">My Application</string>
</resources>

ここに表示したいテキストをあらかじめ入力しておきます。
こんな感じです。

<resources>
    <string name="app_name">My Application</string>
    <string name="text">ハローワールド!</string>
</resources>

入力したら「activity_main.xml」を開きます。
ここから「Design」か「Text」かのどちらかで変更していきます。

まずは「Design」で変更する方法です。
TextViewを選択し「Properties」から「text」の部分を書き換えます。
@string/textと入力します。ここでいうtextというのは、先ほど「strings.xml」で指定した「name」にあたるものです。
android studio

もしも「Text」で編集する場合は、ソースを以下のように変更します。
変更する箇所は12行目です。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<android.support.constraint.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="com.example.r.myapplication.MainActivity">

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="@string/text"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
        app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

</android.support.constraint.ConstraintLayout>

テキストを追加する

では、テキストを追加してみましょう。
これも「Design」と「Text」の二つの方法があります。

Design で変更する方法

追加は「Palette」から「TextView」をドラッグすることでできます。
android studio

Text で変更する方法

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<android.support.constraint.ConstraintLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="com.example.r.myapplication.MainActivity">

    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="@string/text"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
        app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

    <!-- ここから -->
    <TextView
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="TextView" />
    <!-- ここまで追加 -->

</android.support.constraint.ConstraintLayout>

とりあえずテキストを追加することができますが、このままでは位置を指定していないので、実行しても左上に文字がきてしまいます。
文字の位置を指定する方法については、後日別の記事で紹介したいと思います。
android studio

この企画の一覧はこちら

スポンサードリンク

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。




オススメ記事

enchant.jsのロード画面を、好きな画像に変更する方法。

今日は爆睡していました。@It_is_Rです。 enchant.jsのロード画面はカッコわるいなとずっと思っていました。「あ、これenchant.jsで作ったんだな」って思われてしまうじゃないで

enchant.js

enchant.js でキャラクターのアニメーションを作ってみよう

前回の記事では、キャラが移動する時のアニメーションがありませんでした。 突っ立ったまま進んで行く、まるで幽霊の様な状態です。 これでは、キャラが生きてるのか死んでるのか分からない! というこ

【Android Studio】アプリ開発の基本とそれぞれのファイルの役割を覚える。

iPhone持ってないみなさん、一緒にAndroidアプリ開発しましょう。@It_is_Rです。 Androidアプリ開発、5回目となりました。 今回は Android Studio でアプリ

WordPress|ショートコードの作り方&使い方。確実に使いこなす為のガイド。

前回、WordPressで、特定のカテゴリ一覧を表示する方法について書きました。 改めまして、@It_is_Rです。 特定のカテゴリ一覧を表示したとき、ショートコードというものを使いましたが、

【Android Studio】Button(ボタン)を作る基本中の基本。

ボタンを作る基本中の基本ですが、ボタンを作ること自体が基本中の基本です。@It_is_Rです。 タイトルなんてどうだっていいんです。肝心のなのは真心です。 Androidアプリ開発、7回目とな

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。ヘッダーをカスタマイズ。

寒くなってきましたね。皆さま前かがみになって、まるで亀の様です。@It_is_Rです。 皆様がブログを見て、一番最初に目に入ってくるのはどこでしょうか? 殆どの場合、ヘッダー部分ですよね。つま

Swift

【Xcode7】Swift2でMacアプリ開発。Storyboardでボタンを作る。

喧嘩するほど仲がいいとは言いますが、喧嘩する相手がいません。友達がいないということでしょうか。@It_is_Rです。 前回、StoryboardでMacのウィンドウに文字を表示しました。しかし、

FC2 blog customize

FC2ブログ ”最強” カスタマイズ入門講座。背景を変更する。

三度の飯よりも好きなものが多すぎて比較にならない@It_is_Rです。 FC2ブログ"最強"カスタマイズ入門講座の続きですね。最強にカスタマイズしていきましょう。 今回は背景色の変更をメインに

Yarn

Yarn の使い方。インストールの方法から使い方まで解説します。

最近ドラクエにはまっている@It_is_Rです。PS1 のやつです。ドラクエⅦ。 関係ない話はさておき、今回は Yarn の使い方を解説していきたいと思います。 Yarn とは

【CSS設計】ボタンを作って覚える。機能ごとに分けて作る重要性。

手が回らない、頭が回らない、口が回らない。@It_is_Rです。 CSSはある程度大雑把に書いても動かすことができます。しかし、CSSを覚える上で一番難しい部分と言えばCSS設計でしょう。 パ